ラドン温泉 湯るり(千葉県松戸市和名ヶ谷松戸市郊外の住宅地の外れ、丘の上にあるのがラドン温泉ゆるりだ。路線バスの本数は少なく、松戸駅や新八柱駅などから発着する無料送迎バス、あるいはマイカー利用を余儀なくされる。

もとは「松戸ラドン温泉」と言ったが、昨年のリニューアルによりラドン温泉湯るりと名を改めた。公式サイトや看板のデザインには若い世代も取り込もうという気概が見て取れるが、宴会場やカラオケステージがあったりと、健康ランド的な要素も残している。広い館内は1階にフロント、2階に浴室、3階は食事と休憩スペースに分かれている。

ラドン温泉 湯るり(千葉県松戸市和名ヶ谷名前の通り、ラドン温泉がいちばんの売りだが、リニューアルによって新設した薬湯風呂や人工炭酸泉など湯船は多彩。薬湯は森下仁丹の「薬仁湯」を使用したもので、効き目が感じられる濃さだし、人工炭酸泉は窓越しに庭の緑を眺める。ラドン温泉も部屋状に囲われており、こちらも庭を眺める。余談だが、昭和50年代にかけて全国に建設されたラドン温泉センターには、いくつかの団体があって、ここは医科学事業団の所属。(ラドン温泉医学のしおり-ラドン温泉全国一覧表-より)

ラドン温泉 湯るり(千葉県松戸市和名ヶ谷)
(ラドン温泉湯るり公式サイトより転載)

ほかに新設されたのはサウナ、水風呂、ウッドデッキ、つぼ湯ということで、逆に言えば元からあったのはラドン温泉と岩風呂だけ。どうりで動線や床高に不自然さを感じるわけだ。岩風呂は入浴剤を使用した濁り湯で、大きな岩をまわりに配置。ウッドデッキは立地の利点を活かし、野趣あふれる眺めと外気浴が楽しめる。

IMG_0888-2脱衣所に隣接して仮眠スペースもあるし、3階にはテレビ付きのリクライニングシートも。食事はカラオケステージ付きのメインレストランでおばちゃんグループの懐メロ特集を聞かされたが、静かに楽しみたいなら別棟の癒しのエリアへ。宴会場は大中小の3室、ほかにカラオケボックス2室、健康マージャンコーナーも。さすがに平日の昼間とあって客がまばらにしかいなかったが、週末は賑わうのだろうか。

リニューアルによって、ラドン温泉センターの古くさいイメージから完全に脱却。若い世代の好みと長時間滞在を意識した施設の充実度ぶりは、仲間とわいわい、一人のんびり、どちらのシーンにも対応。一度訪ねてみたらリピートしたくなるはず。

ラドン温泉 湯るり
住所/千葉県松戸市和名ケ谷823 [地図]
電話/047-391-1126
交通/JR常磐線松戸駅、JR武蔵野線新八柱駅などから無料送迎バスあり
     国道6号線「七畝割」交差点より県道281号線経由で約2km
     ※無料駐車場あり
料金/大人1,100円、子供450円(3歳〜小学生)
     ※19時以降は大人700円
     ※岩盤浴は別途550円
時間/10:00〜22:30、年中無休