檜原温泉センター 数馬の湯(東京都檜原村数馬)檜原村に湧出する温泉は、蛇の湯温泉(たから荘)、檜原温泉やすらぎの湯(檜原村ふれあいセンター ※村民限定)、そして今回紹介する檜原温泉(数馬の湯)の3か所。蛇の湯温泉はその名の通り、大蛇が傷を癒したとの伝説が残り、一方の檜原温泉は地下1,200mの大深度掘削によって湧出。この2つの温泉は500mしか離れていないが、泉質も異なる。

檜原温泉センター 数馬の湯(東京都檜原村数馬)さて、数馬の湯は檜原村営(外部委託)の施設だ。通りから見る外観は、いかにも公共施設のそれだが、勾配天井の開放的な食費処などはなかなか洒落ている。しかし施設自体が平日19時まで、食費のラストオーダーは18時までと、さすがの田舎らしさ。玄関先では端材で作った木工品を、エントランスホールでは食品や登山記念バッチなども販売。

檜原温泉センター 数馬の湯(東京都檜原村数馬)フロントでロッカーキーを受け取り、廊下の突き当たりが浴室。大きな湯船はバイブラやジャグジーが激しく稼働しており、せっかくの温泉もこれでは泉質がよくわからない。もっとも地元住民にとっては、疲れを癒す場であるから、これで良いのだろう。露天風呂は小さくて、外気浴のおまけのようなもの。つぼ湯にいたってはお湯を張っていなかった。山の緑が間近に迫っているが、露天風呂は街道に面しているため、立ち上がって眺めてみればたまに往来する車があるのみ。

サウナ室も狭く、かなり年季が入った印象。室内の壁は高熱であめ色と化しているが、そこに刻まれた名前の数々。まるで便所の落書きか。かんなで削ったほうが良いのではなかろうか。

田舎の温泉風情を目的にやって来た客は肩透かしを食らうだろうが、ハイキングやバーベキューのあとの、ついで利用なら貴重な施設かもしれない。

檜原温泉センター 数馬の湯(東京都檜原村数馬)

檜原温泉センター 数馬の湯
源泉/檜原温泉数馬の湯(単純温泉)
住所/東京都檜原村数馬2430 [地図]
電話/042-598-6789
交通/JR五日市線武蔵五日市駅よりバス約1時間「温泉センター」停下車
     国道20号線「本町」交差点より山梨県道33号線経由で約22km
     国道411号線「油平」交差点より都道7号線〜206号線経由で約30km
     ※無料駐車場あり    
料金/大人820円、小人410円、未就学児無料
時間/平日10:00〜19:00、休日10:00〜20:00
     毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)