巨人×横浜(東京ドーム)混セから脱落と言っても良いだろう。首位をひた走っていた頃はイケイケだったのに、いまは勝ち方を模索しているようにしか思えない。

若手を試す、対左右の日替わりオーダー、うまく嵌れば良いけれど、そうでなければ敵を調子に乗らすだけ。まさに今夜の巨人戦だ。

バントヒットなんてどうせ決まらないし、相手を揺さぶるどころか、「バッティングに自信ないです」と自ら白状しているようなもの。挙句にバントを決められず、盗塁死の三振ゲッツーなど愚の骨頂。バットを振れば、初球から打ち上げてみたり。度重なる拙攻で、巨人の先発・マイコラスに完投勝利をプレゼント。

巨人×横浜(東京ドーム)横浜の先発・久保は7回2失点。「試合を作った」とお決まりの文句を言うだろう。しかし、だ。ヒットと四球で上位打線を必ず出塁させるようでは困る。ちなみに失点シーンは阿部の2点タイムリーで、巨人ファンは大喜び。

最後の攻撃では乙坂が快足飛ばして3塁へ。一打同点のチャンスを作るも代打の正太郎は見逃しの三球三振、梶谷は初球凡退。せめて敵が嫌がる攻撃を見せてくれ。自力優勝の可能性が消滅しても、我々が乗るジェットコースターは再び上昇あるのみだ。