なめがわ温泉 花和楽の湯(埼玉県滑川町羽尾)温泉クチコミサイトなどで毎年高評価を獲得するのが、埼玉県小川町のおがわ温泉花和楽の湯。その2号店として2010年、滑川町にオープンしたのが、なめがわ温泉花和楽の湯。「泊まれない旅館」をコンセプトに掲げ、@nifty温泉では昨年総合7位にランクインした人気施設だ。森林公園駅より約2kmの距離にあり、ショッピングモール(なめがわ森林モール)の裏手に位置する。

なめがわ温泉 花和楽の湯(埼玉県滑川町羽尾)和風の立派な門構えはおがわ同様だが、まず最初に見える現代風の建物は無料休憩所。玄関までのアプローチは敷地の広さを予感させる。ちなみに敷地は6,000坪と桁違い。そして、おがわを純和風とするなら、なめがわは和風モダン。長い渡り廊下で結ぶ館内のつくりは一緒だが、庭の雰囲気などはリゾートホテルを訪ねているかのよう。

なめがわ温泉 花和楽の湯(埼玉県滑川町羽尾)フロントでは下足の鍵と引き換えにリストバンド、受付レシートを貰い、リネンカウンターではタオルセット、岩盤浴着、館内着を受け取る。手荷物が多いとロッカーに入りきらないかも。

浴室内には湯船1つとシンプル。地下1,700mから湧出した温泉は、わずかに茶褐色で、塩分を多く含む。湯船の深さは3段階、しかも真ん中はかなり深め。のんびり寝湯もよし、半身浴もよし、首までじっくりつかるもよし。湯船を囲んでコの字型に洗い場を設け、サウナは浴室と露天風呂側の双方から出入りできる。

サウナはikiストーブを使用しており、ロウリュは1日7回(?)開催。10回ずつタオルで扇いでくれる。ロウリュのあとはジュースやアイスの出前販売あり。水風呂は屋外にあるため夏は涼しくて良いが、真冬の極寒も体験してみたい。

なめがわ温泉 花和楽の湯(埼玉県滑川町羽尾)なめがわ温泉 花和楽の湯(埼玉県滑川町羽尾)
(写真はなめがわ温泉 花和楽の湯公式サイトより転載)

露天風呂はかね折りに奥行きがあって、全体が大きな岩風呂となっている。ざぶんざぶんとお湯の中を歩いて行くが、ところどころで深さが異なる。いちばん浅い場所で10cmほどしかなく、木の枕を使えば好きなところが寝湯になる。突き当たりにはデッキがあって、植栽に囲まれた空間。ジャグジーや替わり湯など余計なものを削ぎ落としたこの店では、非日常にどっぷり浸りたい。

岩盤浴は屋外通路を経て別棟にあり、2012年に新築オープン。建物に入ってまず自由に寛ぐ部屋(麦飯)があり、そこから4室に分かれている。大判タオルを敷いて利用する岩盤浴室は3室あって、男女共用2室(岩塩・黄土)と、女性専用1室(溶岩)。ほか1室はクールダウン専用(涼)。時間制限なしで利用できる。

食事処のラストオーダーが21時とはちょっと早いかな、と。都会の感覚は通用せず。18時からの夜割りで訪ね、温泉や岩盤浴でのんびりしていたら、うっかり食べ損ねてしまった。個人で訪ねるなら畳敷きのうたた寝処、家族で訪ねるなら個室付きの貸切風呂(有料・予約制)を利用してみてはいかがだろうか。たまの休みくらいは贅沢に過ごしたい、そう考える方にはおすすめだ。

なめがわ温泉 花和楽の湯
源泉/元湯滑川天然温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/埼玉県比企郡滑川町羽尾2178 [地図]
電話/0493-57-2683
交通/国道254号線「東松山IC前」交差点より県道47号線経由で約6.4km
     ※無料駐車場約150台分あり
料金/大人1,380円、小人690円
     夜割り料金(18:00〜):大人1,180円、小人600円
     ※岩盤浴・タオルセット・館内着付き
     シンプルコース(18:00〜):大人880円、小人550円
     ※シンプルコースは岩盤浴・タオルセット・館内着なし
時間/10:00〜23:00(休日は24:00まで)、不定休