深谷花園温泉 花湯の森(埼玉県深谷市人見)埼玉県北部の深谷市には「深谷ねぎ」の知識しかなかったが、調べてみると中山道の宿場町にして、実業家の渋沢栄一の生誕地、そして深谷ねぎは日本一の出荷量とのこと。歴史と農業で栄えた都市とでも言うべきか。今回訪ねた深谷花園温泉花湯の森は、大通りに面しているわけでなく、まさに田園風景のど真ん中。ショートゴルフ場に隣接して店を構えている。

門構えからのアプローチは高級旅館を思わせる。玄関先では花鉢の販売も。カラフルな浴衣に身を包んだスタッフが出迎えてくれる。下足箱の鍵と引き換えにリストバンドを貰ったら、隣のカウンターでタオルセットと岩盤浴着を受け取る。館内着も利用するなら、通路の向かい側からサイズを選んで貰っていく。

深谷花園温泉 花湯の森(埼玉県深谷市人見)広い館内だが、動線はわかりやすくて良い。長い直線廊下の手前から食事処、岩盤浴室、突き当たり左手に浴室、右手に休憩室。廊下の途中でさには縁側があって、立派な和風庭園を眺める。湯あがりや岩盤浴のあとに涼むもよし、読書なんて最高の休日だろう。

浴室は純和風の趣。小屋組あらわしにして天井を高くとり、露天風呂側には大きな窓を設けている。生い茂った木々は、この時期なら緑が鮮やかだが、季節ごとに色づきが変わっていくのだろう。大きな湯船には寝湯のスペースもあって、横たわれば真正面にパノラマサイズの眺めを楽しめる。

深谷花園温泉 花湯の森(埼玉県深谷市人見)

露天風呂では巨大な岩をふんだんに使用している。内湯は淡黄色だったが、こちらは循環しているせいか無色透明。小さな虫やゴミが浮いているのはご愛嬌。オーバーフロー併用なら良かったが。ほかに壺湯、うたた寝湯、檜風呂の人工炭酸泉がある。東屋を思わせる屋根のかけ方だが、それも板葺きという凝りよう。緑との調和がとれ、のどかな雰囲気を演出している。

深谷花園温泉 花湯の森(埼玉県深谷市人見)

岩盤浴は30分間入替制とあるが、目安で良いらしい。休日には受付カウンターにスタッフが配置されるのか。室内中央にサウナストーブを配置し、男女併用と女性専用で部屋を分けている。

休憩室にはテレビ付きリクライニングシートが並んでおり、奥は女性専用。肝心なことを言い忘れていたが、女性浴室には別館の浴室もある。なにかと女性の心をつかむ施設なので、おのずと女性客の割合が高い。平日だからなおさらか。食事処の御膳系メニューを中心に、2,000円前後と高め。それでも利用するのはやはり女性客。12歳以下は利用不可とあって、休みの日を優雅に過ごしたい大人におすすめの施設だ。

深谷花園温泉 花湯の森(埼玉県深谷市人見)

深谷花園温泉 花湯の森
源泉/薬師の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/埼玉県深谷市人見888 [地図]
電話/048-551-1126
交通/国道140号線(彩甲斐街道)「田中北」交差点より約1.9km
     国道17号線「城址公園入口」交差点より約5.6km
     ※無料駐車場160台分あり
料金/平日1,080円、休日1,260円
     ※12歳以下は入館不可
時間/平日10:00〜23:00、休日10:00〜24:00
     年中無休