ばんやの湯(千葉県鋸南町吉浜)内房の海岸沿いを南下して鋸南町保田漁港へ。観光客相手の食堂と並んで、ばんやの湯がある。驚くべきは24時間営業であること。いくら国道沿いとはいえ、この小さな港町で、真夜中に利用するなんて漁業関係者かトラックドライバーか。朝7時から朝定食の営業もあって、保田漁協直営だが、商売っ気、もとい本気度がすごい。

ばんやの湯(千葉県鋸南町吉浜)到着したのは朝6時。浴室の扉を開けた瞬間、「これは時間を持て余してしまうかも」と思ったのはここだけの話。目玉は人工炭酸泉で、「日本最大級」とはいまや疑わしいが、ナノ水を使用するこだわりよう。東京ウォーカー(2015/2/19号)にも取り上げられていた。もう1つの小さな湯船は、珍しい「びわの葉」風呂。刻んだ葉っぱが袋詰めされている。

ばんやの湯(千葉県鋸南町吉浜)ようやく7時になって大広間へ。立派なステージが付いて、大漁旗も飾られている。実は客室も4室あって宿泊可能だが、朝食会場も兼ねており、そして昼間は休憩室も兼ねているようだ。そして、お目当ての朝定食はご覧の通り。刺身や焼魚などおかずの品数は多いが、値段は970円。目の前の海で漁れたのだろうから、正直なところもうひと声をお願いしたい。

ばんやの湯(千葉県鋸南町吉浜)とはいえ、朝っぱらからひとっ風呂して、朝定食だなんて、皆さんにとっても素敵な休日の始まりを予感させることだろう。なお、ばんやの湯に隣接する2つの食堂と浜焼館でも海の幸を味わえるし、定置網漁見学や遊覧海中透視船の運航も行っている。海水浴場も近くにあるから、家族づれやカップルなどで夏はさぞかし賑わうことだろう。

ばんやの湯(千葉県鋸南町吉浜)

ばんやの湯
住所/千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5 [地図]
電話/0470-50-1126
交通/JR内房線保田駅より徒歩15分
     国道127号線(内房なぎさライン)吉浜駐在所向かい
     富津館山道路鋸南保田ICより約1.8km
     ※無料駐車場200台分あり
料金/大人570円、子供260円(4歳〜小学生)、幼児無料
時間/24時間、毎週火曜日定休(祝日の場合は営業)