ヤクルト×横浜(神宮球場)首位をひた走る横浜にとって梶谷の負傷離脱は痛手だが、日替わりヒーローの出現も好調の証。しかも先頭打者の石川が第1打席でヒットを放てば負けなし(14勝)という、「石川くじ」なるジンクスも。今日も幸先よくヒットで出塁し、白崎が送って、下園がタイムリーという、いわばセオリー通りの野球をきっちりやって先取点を奪うも、そのあとがいけない。

ヤクルト×横浜(神宮球場)先発の久保康友はヤクルトの先頭打者、山田に対してわずか2球で同点を許すと、なおも無死満塁。この大ピンチをよく無失点に切り抜けたが、胸をなで下ろすにはまだ早かった。次の回は相手ピッチャーの古野の打席からまたピンチを招く。ライトへの打球は「よく飛ぶなぁ」なんて思っていたら、これを下園が後逸。しかもまずい中継プレーもあって、古野は難なく3塁へ。

ヤクルト×横浜(神宮球場)そしてまたしても山田を打席に迎えるが、1球目が大きく高めに外れたのは伏線か、2球目は頭部への危険球。ランナーを出して動揺したのか、はたまた先ほどのホームランの腹いせか。久保の腹の内を聞いてみたいし、好不調の差が激しすぎてわけがわからない。そして、上田の犠牲フライが勝ち越し点。スタンドはすっかり白けたムードとなったが、緊急登板の安部以下、若き投手陣はみなその後の失点を許さず、よく試合を作ってくれた。

ヤクルト×横浜(神宮球場)ならば打つほうだが、梶谷の代役を務める下園、荒波、関根といった面々は初球から手を出して凡退してみたりして、これでは攻撃にもならない。ひとり気を吐いたのは3安打を放った石川のみ。横浜が連敗したのは約1ヶ月ぶり、2位巨人とのゲーム差は2と縮まった。そして今季は神宮球場でいまだ勝ちなしの4戦全敗。この不安要素を払拭するようなナイスゲームを明日の三浦に託したい。写真は勝利投手の古野正人。