サウナ国際(東京都江東区亀戸)亀戸の「サウナ国際」をGoogle Mapで見つけたときは、そのネーミングといい、ストリートビューでの場末感といい、ようやく出会えた喜びを実感した。もちろん公式サイトなど存在せず、訪ねた人の情報もごくわずか。むしろ営業しているのかと不安になるが、矢も盾もたまらず現地へ。

男性専用サウナが多いなか、女性も利用できるのは珍しい。しかし、フロントで料金を支払った時点で別々となるので、カップルにはおすすめできない。そもそも、サウナ屋にカップルで行くなど聞いたことないが。

男性はフロントの裏手にロッカー室。テーブルとソファー、テレビもあるのでロビーも兼ねている。監視カメラ作動中とあるが、カーブミラーもいくつか設置。物騒なサウナ屋によくある雰囲気だが、浴室はすぐ隣接しているし、いかんせん客が少ないから裸のまま移動。

サウナ国際(東京都江東区亀戸)サウナ国際(東京都江東区亀戸)サウナ国際(東京都江東区亀戸)

サウナは2室あるが、いま使用しているのは1室のみ。座面はギシギシ音を立て、打ち付けられた生地のせいか、やや埃っぽい。テレビはおろか、ほかに客がいないため静寂そのもの。石灯篭が放置された小さな岩風呂のわきには洗濯機もあるが、簡易宿泊所のように利用する客もいるのだろうか。そして、その真裏には洗い場が5人分。湯船は水風呂と、外の看板にもあった自慢の岩風呂。これらを独り占めしつつも、だんだん侘しい気分になっていく。

サウナ国際(東京都江東区亀戸)サウナ国際(東京都江東区亀戸)サウナ国際(東京都江東区亀戸)

休憩室にはリクライニングシート、簡易ベッドとマットが並んでいる。昼間から消灯され、隅っこに2人寝ているほかに客はおらず。食事はフロントわきの一角に設けられた3人掛けのカウンター席、またはロビーにて。メニューは数少なく、カレーライスを注文したら「レトルトだけどいいですか?」と。正直すぎるが、300円も出して食べるカップラーメンよりはマシだ。

サウナ国際(東京都江東区亀戸)ロビーのテレビは「チャンネル変更は受け付けない」と書いてはいるけど、フロントのおばちゃんが観たい番組が優先されるのだろう。レディス4(L4 YOU!)を観ながら食事。

かれこれ40年の歴史があるそうで、国鉄のストがあったときには、人を跨ぐようだった、と。アベノミクスとは無縁だとか言っていたが、大繁盛に期待する以前に「よくぞこれまで生き残ってきたな」と。敬意を表したい。

サウナ国際
住所/東京都江東区亀戸6-23-2 [地図]
電話/03-3684-9234
交通/総武線・東武亀戸線「亀戸」駅より徒歩3分
料金/朝1,400円(受付6:00〜、6時間以内)
     昼1,600円(受付12:00〜、6時間以内)
     夕1,800円(受付18:00〜、6時間以内)
     夜2,600円(受付16:00〜翌10:00まで)
時間/24時間、年中無休