サウナレインボー本八幡店(千葉県市川市南八幡)かつて映画館で流れていたというサウナレインボーの宣伝。いまや情報の発信源と言えばインターネットだが、サウナレインボー本八幡店は公式サイトを立ち上げていないし、ネットのクチコミも乏しく、知る人ぞ知る存在。本八幡の南口駅前という好立地にありながら、なんと勿体無いことかと思うが、虹色に輝くネオンは駅のホームからも見えるから、地元住民あるいは総武線の乗客に限っては、宣伝効果も絶大か。

サウナレインボー本八幡店(千葉県市川市南八幡)系列のパチンコ店「サンパレス」のわきにある階段を上がっていく。サウナよりカプセルの方が利用客は多いのだろうか。下足箱からしてサウナとカプセルは分かれており、ロッカーの数はカプセルの方が2倍以上もある。フロントでは利用コースを告げ、料金を先に支払う。本八幡では競合店がないというのに3時間1,600円とはややお高いような気も。

サウナレインボー本八幡店(千葉県市川市南八幡)P1030806サウナレインボー本八幡店(千葉県市川市南八幡)

タオルや館内着はすべて浴室手前の棚にある。レモン水をピッチャーで用意しているのは新小岩店同様で、カラフルなプラスチックのコップも。浴室に入ると、ひと昔前のサウナ屋の雰囲気が広がっている。

楽天トラベル画像
画像は楽天トラベルより転載 −画像をクリックすると拡大

よほど客が少ないのか、洗い場のカランは1個おきに外されており、おのずと1人あたりのスペースは贅沢な広さ。湯船は入口側から高温浴槽、アカスリルーム、サウナ室、ドーナツ状の円形ジャグジーが並び、いちばん奥にはバイブラ浴槽(26℃の冷水浴)、そしてサウナ室の真向かいには水風呂がある。

サウナレインボー本八幡店(千葉県市川市)サウナは100℃超の高温と、温さすら感じる中温の2室あるからお好みで。毎週日曜日にはロウリュも開催している(10時・14時・17時)。スタッフのTシャツには「摂氏100℃のエンターテインメント」の文字。それなら毎日開催してよ、と思うのだが。

水風呂は裸婦像が手に持つ壺から水が流れ落ちるという、素晴らしい演出。ひと昔のバブリーな感じがいい。さほど冷たくもないのだが、それでも水風呂が苦手という方は、冷水浴バイブラがおすすめ。こちらは冷たさが徐々に身体に沁み入ってくる。

サウナレインボー本八幡店(千葉県市川市南八幡)ロッカー室より階段を上がると、食事処と休憩室がある。チキンカツ定食を注文したら、「ハムカツか! ?︎」というほど薄くて驚いたが、リーズナブルだし、なにより定食のご飯おかわり無料はありがたい。食事処はテレビを向いての1人席がメインで、喫煙席も完備。早朝6時から深夜2時まで営業しているから、食いっぱぐれる心配がない。

サウナレインボー本八幡店(千葉県市川市南八幡)通路を隔てて背中合わせに、個別テレビの付いたリクライニングシートが並んでいる。訪ねたのは月曜の夜。閑散としていてやむなしか。

浴室のレトロ感だけは目をつぶっておくとして、館内はきれいでゆったり。宣伝と料金次第では、最近のサウナブームで客を呼べると思うのだが。

サウナ&カプセルホテル レインボー本八幡店 ※男性専用
住所/千葉県市川市南八幡4-1-12 [地図]
電話/047-379-7201
交通/JR総武線「本八幡」駅南口より徒歩1分
     都営新宿線「本八幡」駅A2出口より徒歩2分
     京成線「京成八幡」駅南口より徒歩6分
料金/3時間コース1,600円(受付15:00〜4:00)
     ※延長30分につき100円 ※深夜料金適用外
     普通コース2,100円(受付10:00〜24:00)
     ※24:00以降は深夜料金別途1,100円
     深夜コース3,200円(受付24:00〜4:00)
     ※深夜料金込み
時間/24時間、年中無休