山口温泉(山梨県甲斐市篠原)石和といえば山梨県を代表する歓楽温泉街だが、開湯は昭和36年と新しく、ぶどう畑から湧出したとのこと。

所変わって、旧竜王町の甲斐市にも同じエピソードを持った温泉がある。山口温泉は昭和61年に、敷地内のぶどう畑を掘削したら温泉が湧いたという、文字通り山口さんちの温泉だ。

山口温泉(山梨県甲斐市篠原)国道20号線よりわずかに入ったところ、のんびりした住宅地のなかに山口温泉はある。古ぼけた看板が目印だが、いかにも温泉施設といった佇まいでなく、田舎風情に満ちあふれている。

浴室内には湯船ひとつと洗い場がわずかにあるのみ。お湯が轟々と注がれ、湯船から豪快にあふれている。湧出量はドラム缶3.5本分の毎分686リットルと豊富で、湯口からの飲泉はもちろん、源泉の持ち帰りも可。親切にも空のペットボトルが廊下に置いてある。

山口温泉(山梨県甲斐市篠原)肝心の湯質だが、これまた驚いた。細かい泡が身体を包み込むが、お湯そのものは淡黄色なのに、湯の表面には泡が白く漂っている。

露天風呂には脱衣所から出入りする。こちらは岩風呂で、この時期は外の気温が低いせいか、お湯につかっていても肌寒かった。夏は楽しめるだろう。

山梨県内でほかに泡つきの温泉といえば、フカサワ温泉韮崎旭温泉が有名。しかしそれらに劣らぬ源泉の素晴らしさ、そして何よりもローカルな雰囲気を満喫できた。

山口温泉
源泉/山口温泉(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/山梨県甲斐市篠原477 [地図
電話/055-279-2611
交通/国道20号線「竜王東小入口」交差点より約400m
     JR甲府駅よりバス約20分「榎局」停徒歩7分
料金/大人600円、子供400円
     ※子供は小学生以下、ただし18時以降。おむつ着用は不可
時間/9:00〜20:00、月曜定休