グリーンプラザ新宿(東京都新宿区歌舞伎町)都内随一の歓楽街、新宿歌舞伎町。その玄関口でもある西武新宿駅の目の前に、カプセルホテルを併設したサウナ「グリーンプラザ新宿」はある。ビルの2階から7階まで6フロアを占め、カプセルは日本最大級の630ルーム。8階から10階には女性専用の「リ・ラックスパ」(24時間営業)もある。大型施設ゆえ、終電を逃したサラリーマンや出張族には強い味方だ。

階段で地下1階へ。そこからエレベーターで4階へ。フロントには列になって並ぶようにと、床には線が引かれている。カウンターの左右でカプセル、サウナの受付を分けているが、朝方は相当混雑するのだろう。タオルセットと館内着を受け取ったら、フロント裏手のロッカー室へ。ここもカプセル、サウナのみの利用客とで分かれているが、なにしろ数がおおく、自分のロッカーを探すだけでもひと苦労。

グリーンプラザ新宿(東京都新宿区歌舞伎町)

館内は階段で移動する。浴室は6階にあって、脱いだ館内着などは棚に置いておく。携帯電話やタバコなどは小型ロッカーを利用するが、財布など貴重品は入館時に預けるよう勧められる。浴室への出入口は2か所あるが、湯船側か、もしくはサウナ側か。広さ、造りともに、いかにも大浴場という雰囲気で、壁一列に無数のカランが並んでいる。そして、二股温泉の人工装置が付いた大きな湯船。皆がテレビを向いて湯につかっている。

アカスリやマッサージ受付の先に、露天風呂の出入口、そして水風呂とサウナ。露天風呂は2つあるが、いずれも窮屈な造り。テレビを真上に見ながらでは首が痛くなってくるし、ジャグジーはぬるすぎて中途半端。水風呂はたいして冷たくないのが困ったもんだが、気を取り直してサウナに期待。

グリーンプラザ新宿(東京都新宿区歌舞伎町)サウナは3室。中温のスチームサウナ、ロウリュを行うロウリュサウナ(ベタなネーミング)、高温のヒマラヤ岩塩浴サウナ。ロウリュは平日5回、休日10回開催。約10分前に流れるアナウンスを聞いたら、すぐに移動すべし。室内の座席はL字型に14人ほどしかない(開始前はドアを開け放っている)。小型のサウナストーンに少量のアロマ水をかけ、タオルで扇いでくれるが、室内は狭いので扇ぎにくそう。ほぼ全員が熱波のおかわりを希望する事態。熱さを求めるならヒマラヤ岩塩浴サウナへ。いちばん広くてテレビ付き。

グリーンプラザ新宿(東京都新宿区歌舞伎町)サウナでじっくり汗を流したあとは、リクライニングシートで惰眠を貪りたいが、グリーンプラザの唯一のマイナス評価はリクライニングが最新式でないこと。7階の大リラックスルームにあるのは、背もたれがほんのわずかに倒れるのみで、しかも固定しない。大型のテレビの方を向いて適当にシートが並んでいる。マットが敷かれた仮眠室は約150人分あり、宿代を浮かすこともできるが、確実に寝床と睡眠を確保するならカプセルの利用が無難か。

グリーンプラザ新宿(東京都新宿区歌舞伎町)食事は5階にて、24時間営業。禁煙席と喫煙席に分かれており、1人掛けテーブルも多数あり。メニューも豊富だ。瓶ビールを注文すれば最初の1杯はお酌をしてくれる。

新宿随一の大型店ということは、東京を代表するサウナ店(カプセルホテル)だと言えるだろう。しかしながら、例えば横浜のスカイスパ、名古屋のウェルビー、大阪のニュージャパンなどと比較すると、ややダサい印象。店が若々しくあれば、若い客の取り込みも図れるだろうに。時代にマッチした進化に期待したい。

グリーンプラザ新宿 ※男性専用
住所/東京都新宿区歌舞伎町1-29-2 [地図]
電話/03-3207-5411
交通/西武新宿駅より徒歩1分
     JR新宿駅東口より徒歩5分
料金/アフターコース(6:00〜16:00)2,300円
     プラザコース(16:00〜22:00)2,600円
     ナイトコース(22:00〜6:00)3,100円
     ※延長料金270円(30分ごと)
時間/24時間、年中無休

(追記-2016/9/10)
公式サイトの情報によれば、「グリーンプラザ新宿」「リ・ラックスパ」ともに、12/25の10:00をもって営業を終了するとのこと。営業開始より34年、最近ではレストランやリラックスルームを改装し、@nifty温泉のクーポンも始めたと聞いていただけに、突然の発表には驚いた。