P1030551サウナの本場といえばフィンランド。フィンランドといえば北欧。北欧といえば上野。というわけで、上野は浅草口徒歩1分のサウナ北欧へ。

真っ赤な外壁が印象的なビルの6階にフロントがあり、まずは下足箱の鍵と引き換えにリストバンドを受け取る。そして料金の支払い。上野も都内有数のサウナ激戦区だが、クイックタイム3時間1000円は激安。ゆえにあまり期待していなかったが、結論を先に言うと「失礼しました」のレベル。コストパフォーマンスはかなり高いと言える。

カプセルホテル&サウナ北欧(東京都台東区上野)館内着やタオルはロッカーの中にある。浴室は7階にあるが、移動に際して館内着を着るか着ないかは自由。見たところ半々か。入口には棚がある。

ビルの最上階であるため、露天風呂もある。サウナ施設にしては広々としており、開放的な気分にも浸れる。新潟県栃尾又温泉由来のトゴール・ウォームタイトを使用した「トゴールの湯」だ。鳩が湯船の縁までやってくるのが、都会とは思えないのどなか光景。同じくゆったりサイズの内湯はジャグジー付きで、ほかに水風呂も。

カプセルホテル&サウナ北欧(東京都台東区上野)サウナは熱した石によるフィンランド式で、室内の温度計106℃を指していた。すぐさま大粒の汗が吹き出してくる。ロウリュやヴィヒタがあったらよりフィンランド(北欧)っぽいが、熱さ、広さ、照明、テレビの配置などにこだわりが感じられる。平日の昼時とあって客は少なかったが、客の目的はみなサウナのようだ。サウナと水風呂、外気浴で何セットも楽しみたい。

カプセルホテル&サウナ北欧(東京都台東区上野)休憩室は5階。テレビ付きのリクライニングシートがずらっと並んでおり、ドリンクの注文もできる。食事処は奥に扉を隔ててあるが、外にもメニューを掲示してくれたらいいのに。品数は少ないが良心的な金額にして、なおかつ朝食は6:00から営業しているから、ビジネスマンの味方でもある。都内へ出張で訪れたとき、はたまた終電を逃したときなどはありがちな理由だが、仕事帰りのリフレッシュにもじゅうぶん使える施設だ。なにしろ良心的な料金で、しかも穴場だから。

カプセルホテル&サウナ北欧 ※男性専用
住所/東京都台東区上野7-2-16 [地図]
電話/03-3845-8000
交通/JR上野駅浅草口より徒歩1分
料金/(モーニングタイム)1,600円 ※受付5:00〜10:00、滞在14:00まで
     (プラザタイム)2,100円 ※10:00〜22:00
     (ナイトタイム)3,000円 ※23:00〜翌10:00
     ※深夜割増料金1,000円 ※23:00〜翌10:00
     ※延長料金 1時間ごとに500円
     (クイックサウナ)3時間1,000円 ※受付10:00〜23:00
時間/24時間、年中無休