横浜×中日(横浜スタジアム)昨日はブランコの劇的サヨナラ弾で勝利したが、あとを追う5位中日との差は2ゲームとまだ油断はできない。さらに突き放して上位チームとの対戦に弾みをつけたい。横浜の先発は、前回の登板で初完封勝利を挙げた山口俊(#11)。中日はローテーションの谷間を埋めるべく抜擢された、プロ4年目の武藤祐太(#25)。大事な3連戦とあって、今夜もライトスタンドは多くのファンで膨れ上がっていた。

横浜×中日(横浜スタジアム)山口ほど好不調がはっきりしているピッチャーもそういないだろう。プレーボールの初球からストライクが入らず、3四球、1失策、2本のタイムリーで初っ端から打者9人、計3点を献上。

武藤もまた緊張感からか立ち上がりはボール球が先行し、進藤コーチが「甘い球は積極的に振っていけ」と言ったか言わないか知らんが、当たっても野手の頭上か真正面。簡単に攻撃を終え、長い守備がまた始まる、という繰り返し。

横浜×中日(横浜スタジアム)待ちに待ったチャンスは7回にやってきた。相手エラーと2本のヒットで1死満塁。しかし、だ。黒羽根はあっけなく三振、代打の松本にいたってはバットをグランドに飛ばしながらもボールはキャッチャーミットの中。追い上げムードの歓声も、一瞬にして静まり返ってしまった。その次の8回は打順よく1番梶谷から始まるも、初球から高く打ち上げ、続く白崎は3球三振とまるで覇気がなく、この試合を象徴するシーンだったと言える。

横浜×中日(横浜スタジアム)山口の降板後は小杉、田中、国吉と無失点で繋いできたというのに、林はタイムリーで1失点し、終いには山崎に送球エラーも出てさらに2失点。まさに息の根を止められたようなもの。守備の名手もまさにゼロからの再出発だ。だらしのない敗戦を目の当たりにして失望したファンも多いことだろう。果たして、選手たちはこの中日3連戦の意味を理解しているのだろうか。1つも取りこぼせないはずだが。