平和湯(東京都豊島区池袋)池袋西口から徒歩圏に銭湯は2軒。昔ながらの佇まいを残す新栄湯は残念ながら現在休業中。もう1軒は平和通りの平和ビル地下にある平和湯。素晴らしくわかりやすい屋号だ。

階段を下りていくと、「路上生活者の利用はお断りします」という注意書き。土地柄なのだろう。フロントでロッカーの鍵を受け取り、脱衣所へ。体重計とベンチしかなく、いたって普通。

平和湯(東京都豊島区池袋)浴室はこじんまりしているが、ビル銭湯のわりに天井は高い。洗い場のカランの並びは、壁列にL字で2-7、反対側の壁列は3+立ちシャワー2、島列は5-5。湯船は1つしかないが、バイブラとジャグジー2基が付いている。

地下とはいえ空堀に面しており、湯船の後ろに大きく窓を設けている。北千住の大黒湯を写した「レッツエンジョイ東京」のポスターを眺めながらの入浴。給湯にはボイラーでなく、ヒートポンプを使用しているとか。空気を利用した熱交換システムで、二酸化炭素の排出量削減に効果的なことから、近年注目を集めている。これを町の銭湯が導入しているとは珍しい。

風呂あがりにあらためてビルを眺めていたら、3階に「サウナフォンテーヌ」の看板。現在は改装してパーティースペース「BATHROOM」として営業しているようだ。

平和湯
住所/東京都豊島区池袋2-64-11 [地図
電話/03-3971-7820
交通/池袋駅北口より徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜25:00
     毎週月曜日定休(26日ふれあい入浴デーは翌日休み)