ますとみ旅館(箱根町湯本)箱根湯本駅から塔ノ沢に向かう途中、土木遺産に指定された旭橋を渡る。その橋のたもと、日帰り温泉施設「早雲足洗いの湯 和泉」に隣接して、「ままね湯」の看板を掲げたますとみ旅館がある。

日帰り入浴は1時間制だが、「長く浸かっていると温まりすぎちゃうから」とのこと。「30〜40分を目安に」と念を押されてしまった。箱根で入浴料1,000円は相場だが、せっかくお金を払って訪れているのだから、のんびり浸かっていたいとは誰しもが思うこと。それなのに、わずか30分で1,000円とは庶民感覚からかけ離れた贅沢。ちなみに料金を支払うのと同時に、時間を記した紙切れを渡され、帰りに回収するシステム。フェイスタオル付きというのが、せめてもの良心か。

ますとみ旅館(箱根町湯本)階段を下っていちばん奥に浴室。こじんまりとした旅館だから、脱衣所や浴室もまたこじんまりとしている。浴室内には湯気が立ち込め、扉を開けっ放しにすると警報機が鳴る場合があります云々の貼り紙。そして脱衣所にもあった。「一回の入浴時間を5分〜10分程度を1、2回で十分」。

無色透明の温泉がかけ流しされており、肌ざわりもよく、身体がじんわりと温まる。壁一面に書かれた名湯自慢をひとしきり読んでいるうちに、確かにこれはのぼせる温泉だな、と。数ヶ所の医大や柏市の整形外科、県内だと七沢リハビリ病院など、「医師から推薦状を戴いている」といった説明がつらつら。

ままね湯とは、「まま」(土手)の「ね」(根=下)より源泉が湧き出していることにちなむ。源泉は5本あり、夏の暑い時期などは捨てている状態だとか。ますとみ旅館とは、初代増次と女将富美から一字ずつ採ったもの。大正14年に開業。老舗の堅苦しさを感じさせない、和モダンな宿だ。

ますとみ旅館
源泉/湯本温泉(単純温泉)
住所/足柄下郡箱根町湯本656
電話/0460-85-5775
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅より徒歩5分
     国道1号線「旭橋」際
     ※無料駐車場8台分あり
料金/1,000円(1時間・タオル付き)
時間/11:00〜19:00、不定休