古湯坊源泉館(山梨県身延町下部)毎月26日を「風呂の日」と称してイベントや割引を行う温浴施設もあるが、山梨県の下部温泉では古湯坊源泉館橋本屋大黒屋の旅館3軒が無料入浴を実施している。今回は「武田信玄公かくし湯大岩風呂」が自慢の古湯坊源泉館を訪ねた。源泉、泉質、引湯、給排湯方式、加水、新湯注入率の各項目について日本温泉協会より最高評価「オール5」の認定を受けた、いわば本物の温泉だ。

古湯坊源泉館(山梨県身延町下部)知名度のわりに下部の温泉街は鄙びた雰囲気だが、奥まったところに位置する源泉館は、ひと昔ふた昔前の観光ホテルといった印象。屋号よりも大きな「自然湧出 源泉かけ流しの宿」の看板を掲げている。ここで受付を済ませ、入浴は神社の鳥居をはさんで隣にある「別館ホテル神泉」にて。こちらの建物もかなり年季が入っている。

古湯坊源泉館(山梨県身延町下部)脱衣所こそ男女別だが、浴室は混浴。女性客はバスタオル(ガーゼ地)持参とのこと。

湯船は大小2つで、上段の源泉沸かし湯は3〜4人が精一杯の広さ。階段を下りて下段は広さ15帖ほど、約30℃の源泉そのままを使用しており、岩盤の割れ目から毎分415リットル湧き出しているという。全国的にも珍しい、いわゆる「足元湧出温泉」だ。

古湯坊源泉館(山梨県身延町下部)事前にYOUTUBEで予習しておいたが、身体を洗ったら、まず約30℃の源泉に20分。そのあと沸かし湯に2〜3分。これの繰り返し。逆ならまだしも、最初から冷たいのは気合いを要す。そして沸かし湯につかってもちっとも温まらない。真夏なら気持ち良かろう。とはいえ、繰り返して入浴するうちに身体の芯まで温泉が染み入るような気がしてくる。

武田信玄が川中島合戦での傷を癒したとの歴史を持ち、温泉旅館としても約250年の歴史があるという。すがる思いで湯治に訪れる客も多いようだ。

古湯坊源泉館
源泉/下部温泉(単純温泉)
住所/山梨県南巨摩郡身延町下部45 [地図
電話/0556-36-0101
交通/JR身延線下部温泉駅より徒歩15分
     国道52号線「上沢」交差点より国道300号線・県道415号線経由で約4.2km
料金/1,000円
時間/10:00〜14:00(うち2時間、受付13:00まで)