東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)「おばあちゃんの原宿」「とげぬき地蔵」で有名な巣鴨。駅を出たらすぐ目の前に「東京染井温泉sakura」の無料送迎バスが停まっていた。歩いてもわずか8分の距離なのにバスを走らせるとはなんという贅沢な施設か。バスは隣接するスイミングスクールの送迎を兼ねており、日中は10分おきに運行しているのだからすごい。

東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)通りのどん突きに門を構え、入口には警備員を配置。スイミングスクールの送り迎えのママチャリがひっきりなしに通るが、車は入って来ないのでとくに危ないわけではない。バスといい警備員といい、その経費は入館料金に上乗せされているのだろう。しかし、温浴施設らしくないモダンな外観、庭園を眺める食事処には高級感にあふれ、上品かつ丁寧なスタッフの接客。入館料1,260円でこの非日常空間を満喫できると思えば、むしろリーズナブルにも感じる。

ところで「染井」とはこの一帯の古い地名で、ソメイヨシノの名の由来でもある。それにちなんで「○○桜の湯」などと名付けられている湯船もあるが、ここではわかりやすくジェットバスやぬる湯などと表記したい。

東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)

ジェットバスは配置や向きによってデッドスペースを生み出してしまいがちだが、こちらではわずかな空間を坪庭に演出する凝りよう。その隣は約38℃のぬる湯(檜風呂)で、温泉を使用している。湯船内の浅い部分に横たわり、うたた寝している人を見て、ここは都会の湯治場だな、と。浴室内には他にサウナと水風呂がある。露天風呂はシルキーバスと、温泉を使用したあつ湯(岩風呂)の2つ。塀に囲まれ景色を眺めることはできないが、静けさが何よりの贅沢。

露天風呂の片隅には岩盤浴室があり、こちらは予約制で、しかも25分・平日1,050円(休日1,260円)と強気な料金設定。高千穂で産出する天照石の一枚岩を使用しているというから贅沢な話だが、果たして効果はいかほどのものか。

東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)

温泉は地下1800mの大深度掘削で、湧出時は無色透明だというが、湯船ではウーロン茶のような色(琥珀色と表現している)。塩分を多量に含むから、ぬるめの温度でも身体がよく温まる。若干の油臭が漂うのも特徴。

東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)休憩スペースは2階にあるというので階段を上がってみたら、クラシカルなソファや調度品など「サロン」の名にふさわしく、まるで洋館を訪ねているかのよう。隣り合わせで談話室があり、こちらは思いっきり和の空間。畳敷きの広間だが、いくつか囲炉裏が設えてある。緊張してとてもリラックスできる雰囲気ではなく、また小さな子供づれは遠慮したほうがよさそう。18歳未満入室禁止のリラクゼーションルームには、テレビ付きのリクライニングシートが並んでいる。ほかに、ボディケアやエステサロンもあり、都会のセレブはこういうところでお金を使うのだろうなぁ、と勝手な推測をする。

「都会の隠れ家」とはありきたりな表現だが、都内にいながらにして上質な時間を過ごせるとするならば、つまらない温泉場を旅するよりよほど有意義だ。

東京染井温泉Sakura
源泉/東京染井温泉(ナトリウム−塩化物強塩泉)
住所/東京都豊島区駒込5-4-24 [地図
電話/03-5907-5566
交通/JR山手線巣鴨駅北口・都営三田線巣鴨駅A1出口より徒歩8分
     ※無料送迎バスあり
     JR山手線駒込駅・東京メトロ南北線駒込駅3番出口より徒歩10分
料金/大人1,260円、子供735円(3歳〜小学生)
時間/10:00〜23:00、年中無休