Spa Resort 菜々の湯(千葉県習志野市本大久保)「習志野市に新しい温浴施設がオープン」とFacebookで話題になっていたので、さっそく訪問。京成大久保駅が最寄りだが、京成・JRの津田沼駅まで、どちらも約2kmと歩けない距離ではない。駐車場は無料で、余裕の台数を完備しているから車でのアクセスも便利だ。

当初の予定よりずれ込んだのだろうか、年末の繁忙期ギリギリにオープン。しかしまだホームページも整備されておらず、客足は拍子抜けするほど少なかった。ちなみに目と鼻の先にあった仙人風呂習志野店は約2年前に閉店しているから、近隣住民は待ち焦がれていたことであろう。

Spa Resort 菜々の湯(千葉県習志野市本大久保)フロントで精算用のリストバンドを受け取る。岩盤浴は別のカウンターで受付。館内中央の階段を基準にして、1階は岩盤浴室とレストラン、2階は男女浴室が対になっており、初めての利用者にも親切な設計。

館内には大浴場、岩盤浴、レストランのほか、ボディケア、エステ、cafeがあって、これら7要素は「菜々の湯」という名前に引っ掛けているようだ。

お風呂も7種類。浴室内には炭酸泉、白湯(一部は電気風呂)、ジャグジー、水風呂。露天風呂は人工温泉、シルキーバス、石壷湯。菜々の湯は温泉使用ではないが、炭酸泉やシルキーバスといった新旧の流行りを取り入れ、露天風呂にはお湯につかりながら観られるよう、テレビを2台設置。「タオルは頭の上に(頭寒足熱)」「かけ湯は5杯」といった注意書きを目立つところに掲げており、マナー喚起に余念がない。

サウナは2種類。室内には高温ドライサウナ、露天風呂にはスチーム塩サウナ。パンフレットには「話題のロウリュウ千葉県初登場!」とあるが、日本全国ロウリュ事典によれば県内4店舗目ということになる。高温サウナでの「スタジアムロウリュウ」は、3時間おきに実施。「よいしょ!」の掛け声とともに3回扇ぐだけなので、ちょっと物足りず。スチームサウナでは1時間おきに、天井に設けられたファンが高速回転する。照明の演出もあり、なかなか面白い。

Spa Resort 菜々の湯(千葉県習志野市本大久保)Spa Resort 菜々の湯(千葉県習志野市本大久保)

岩盤浴も7種類。しかし、リクライニングシートなど2つの休憩スペースと漫画本の棚もカウントしており、実際は岩盤浴2室とサウナ1室、雪の降るクールルーム1室。岩盤浴でもロウリュウを行っており、「山の癒」の部屋では客が横たわる室内を、スタッフがうちわで静かに扇いでいく。「赤熱房」は男女で楽しめるサウナで、ここでのロウリュウは若手スタッフが「よいしょ」の掛け声と手拍子を煽っていく。不慣れな様子が微笑ましく、今後が楽しみだ。どちらも2時間おきに開催。

スーパー銭湯のレストランといえば、券売機によるセルフサービスが主流だと言える。しかし、ここは卓上のタッチパネルで注文し、料理はスタッフが運んでくれる。オーダーが通っているのか不安になるが、いちいち席を立つわずらわしさもなく、いまどき流行りの居酒屋のようなシステムだ。2階の休憩室は、テレビ付きリクライニングシートの数も充実しており、独立した部屋であるため、静かにゆったりと寛ぐことができる。岩盤浴や4つのロウリュウをすべて満喫したら、とても半日では足りないだろう。コストパフォーマンスの高さに驚いた。

Spa Resort 菜々の湯
住所/千葉県習志野市本大久保1-1-1 [地図
電話/047-470-4126
交通/京成本線京成大久保駅より徒歩11分
     国道14号線(千葉街道)「鷺沼1丁目」交差点より約2.1km
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人750円、小人400円
     (休日)大人850円、小人400円
     ※岩盤浴は別途料金
時間/9:00〜25:00、年中無休