天然温泉花咲の湯 HANASAKI SPA (埼玉県上尾市原市)埼玉県には優れた温浴施設が多いが、上尾の「花咲の湯」もそのひとつ。大宮からニューシャトルで6駅、お笑い芸人ハライチゆかりの原市で下車し、住宅地を歩くこと4分。周囲の環境からはおよそ場違いな洒落た外観の建物こそが、今回紹介する花咲の湯だ。複合型施設「HANASAKI VILLAGE」の中核を成し、建物や施設のコンセプトにはベトナムのフレンチコロニアル様式を取り入れているという。

天然温泉花咲の湯 HANASAKI SPA (埼玉県上尾市原市)下足箱の鍵とリストバンドを引き換えるシステムは、慣れない客にはややこしいが、丁寧な接客には定評あり。初めて訪ねたときは、来店お礼にと帰り際にはタオルセット無料券のプレゼントが。さりげなくもありがたい心遣いだ。2009年オープンとまだ新しく、店内は明るく洗練されている。岩盤浴や食事処などは1階に、浴室は2階にある。

浴室に入ったら、かけ湯の時点で衝撃を受けるだろう。湯を溜めた壺の底からライトが照らしている。お洒落すぎる演出だ。室内には入浴剤を使用したイベント湯(電気風呂あり)、ぬる湯、3種類のジャグジー、水風呂があり、ひと通りのバリエーションは揃っている。ハンドマッサージ付きのジェットバスなんて他で体験したことはなく、衝撃的な気持ちよさだった。

天然温泉花咲の湯 HANASAKI SPA (埼玉県上尾市原市)

露天風呂では温泉を使用している。メインとなる湯船は上下2段式で、上段は源泉そのままを加温せず、かけ流しにしている。源泉の温度は38.5℃だから、ちょうど人肌ほどのぬるさ。源泉は地下1500mから湧出し、鉄分を含むためか茶色く濁っている。ほかに壺湯と寝湯があり、またテレビを見ながらの炭酸泉(温泉使用ではない)も人気だ。1つ1つの湯船は適度な広さがあり、また配置もゆったりしている。周囲に建物がないため開放感はたっぷりだ。

天然温泉花咲の湯 HANASAKI SPA (埼玉県上尾市原市)岩盤浴もおすすめだ。休憩スペースを含めて7種類とあるが、横たわって楽しむ岩盤浴としては、温度とコンセプトの異なる2室のみ。

ブラックゲルマニウムなど4種類からなるセラミックタイルの部屋と、ヒマラヤ岩塩とトルマリン鉱石の2種類が敷き詰められた部屋。ほかには富士山の溶岩石を使用した大型サウナ室、クールルーム、岩盤浴利用者専用の休憩スペースが3か所。いずれも広さはじゅうぶんだが、岩盤浴でも有名な施設とあって、週末の混雑は必至だろう。

浴室、岩盤浴室ともに、サウナではロウリュを開催。浴室では1日4回。ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!とテンポよくうちわで扇いでくれる。岩盤浴室では1日3回(休日4回)。スタッフと客とが、わっしょい!わっしょい!の大盛り上がり。スタッフの煽りも上手く、他店のロウリュにはない一体感に満ちあふれている。

天然温泉花咲の湯 HANASAKI SPA (埼玉県上尾市原市)

食事処ではゴイクンやフォーといったベトナム料理、トムヤムクンやミーゴレンといったアジア料理もあるが、定番の定食や一品料理などメニュー多彩。入浴せずとも利用できるというから、味や接客など、スーパー銭湯の単なる付帯施設の域を超えている。最近では埼玉県内の温浴施設のレベルの高さを実感しているが、そのなかでも花咲の湯は総合的にかなり満足度の高い施設だと言える。ゆとりの時間を持って、館内全てを満喫してほしい。

天然温泉花咲の湯 HANASAKI SPA
源泉/天然温泉花咲の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/埼玉県上尾市原市570 [地図
電話/048-723-3726
交通/埼玉新都市交通ニューシャトル原市駅より徒歩4分
     国道16号線(東大宮BP)原市中交差点より約500m
     ※無料駐車場230台分あり
料金/(平日)大人800円、小人300円
     (休日)大人850円、小人300円
     ※小人は小学生以下、3歳未満は無料
時間/10:00〜25:00、年中無休