美和乃湯(川崎市川崎区渡田)ひさしぶりに川崎市内の銭湯を訪ねようかと川崎駅に降り立ったが、目指すべき美和乃湯の最寄りは川崎新町駅。登戸経由で南武支線ならわけないが、やむなく乗り慣れないバスで向かう。市電通りの渡田向町停留所よりレンタカー営業所の裏手に見える昔ながらの佇まい。コインランドリーを併設し、フロント式へと改修しているが、千鳥破風に書かれた屋号が渋い。

美和乃湯(川崎市川崎区渡田)フロントでロッカーの鍵を貰い、脱衣所へ。サウナと水風呂がせり出しているせいか、脱衣所は意外とコンパクト。浴室は間口3間×奥行き4間でごく一般的な広さだ。外観と内部の渋さはたいてい比例するものだが、美和乃湯にはタイル絵、ペンキ絵の装飾はなく、唯一のレトロを感じさせるのは室内に流れる演歌。それもさりげなさすぎて、気付いたのは入浴後しばらくしてから。

湯船は座湯ジャグジー、ミクロバイブラ、電気風呂の3つが奥に並んでおり、出入口側には小さな水風呂。加えて、小さいけれど露天風呂もあって、ここでは日替わりの入浴剤を使用。この日は緑あざやかな「玉露カテキン」。高い塀に囲まれ、ほとんどが屋根に覆われているため開放感こそないが、外気に触れられるだけ良し。いずれの湯船も熱くも温くもなく適温だった。洗い場は両サイドの壁側に6つずつ(女湯との間仕切り側に立ちシャワー1つ)、中央に5-5の島列で、いずれもシャワー付き。

美和乃湯(神奈川県浴場組合)
美和乃湯(川崎銭湯どっと混む)

美和乃湯
住所/川崎市川崎区渡田4-2-4 [地図
電話/044-333-1821
交通/JR南武線川崎新町駅より徒歩7分
     川崎駅東口よりバス「渡田向町」停徒歩1分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途200円
時間/14:30〜23:30、不定休(月3回)