THE SPA西新井(東京都足立区西新井栄町)最近はサウナ室で行われる「ロウリュ」を目当てに温浴施設を訪ねることが多いが、今回向かったのは足立区は西新井。その名もズバリ「THE SPA西新井」。東武伊勢崎線の西新井駅より徒歩3分の好立地にあって、スポーツクラブを併設。世田谷区の「THE SPA成城」の姉妹店として、平成20年にオープンした。

THE SPA西新井(東京都足立区西新井栄町)サイゼリアなどがテナントとして入居するするビルの3〜4階が温泉施設、5〜6階が系列のフィットネスクラブ。エントランスには券売機もあるが、今回は「温泉ぴあ」の半額クーポンの利用であるため、入館料金を含め飲食などは退館時の精算。フロントではリストバンドを受け取る。

浴室内には温泉浴槽と5種類のジャグジー(女湯はシルキーバス)、ドライサウナと水風呂。都内に湧く温泉といえば「黒湯」をイメージするが、こちらは無色透明。しかも塩分を多く含んでおり、海水にも似た肌ざわりや匂いを実感できる。その塩分量たるやテレビ番組のランキングで紹介されたという。露天風呂は岩風呂(正確に言うと縁に岩をいくつか並べただけ)に加え、男湯が寝ころび湯、女湯がつぼ湯。いずれの湯船でも温泉を使用しているが、岩風呂のお湯はうっすら茶褐色。地下1,500mから湧出しているという。

都内の温泉・塩分ランキング
1位:葛飾区「古代の湯」32.277mg/kg
2位:豊島区「染井温泉SAKURA」31.528mg/kg
3位:足立区「THE SPA西新井」29.039mg/kg
※ナトリウムイオン(9855mg)、カリウムイオン(134.0mg)、
 塩素イオン(19050mg)、硫酸イオン(0.3mg)の合計
(朝日放送系「みんなの家庭の医学」)


こちらの施設のもうひとつの売りが、サウナ室で行われているロウリュ。毎週水曜日〜金曜日は20:00、土日は18:00に行っている。口コミサイト「@nifty温泉」の突レポには、スーツ姿の熱波師が登場すると紹介されていたが、これはイベント開催時。この日は定刻より少し遅れてTシャツ姿の熱波師3名がやってきた。タワー式の室内には常連客を中心に20人ほどが詰め掛け、すでに熱気むんむん。熱波師のトリオ漫才のようなトークが繰り広げられたあと、ようやくロウリュを開始。

ところで、このサウナは遠赤外線式のため、どうやってロウリュを行うのかと思いきや、バケツの中には焼けた石が入っており、そこにアロマオイルを投入。いわゆる「バケツ熱波」だった。発生する蒸気は少ないが、立ち上ったらすぐさま熱波師がタオルで煽ぎ、室内の空気を回旋。そのあと1段目の客より30発、2段目の客には50発というふうにハードルが上がっていく。「パネッパパネッパ…」の掛け声に応えるように、最後は「パネスゲー」で終了。サウナ室は異空間と化していた。

THE SPA西新井(東京都足立区西新井栄町)

レストランは3階、休憩室やマッサージ、岩盤浴(別途:30分600円)は4階にある。個別のテレビ付きリクライニングチェアの「リラックスラウンジ」、畳敷き大広間の「お休み処」、壁面に珊瑚を使用した中低温の「サンゴオンドルルーム」は、いずれも無料で利用できる。長時間ゆったり寛ぐことを目的とするならば、都内に数ある温浴施設の中でも屈指のコストパフォーマンスだと言えるだろう。特色ある温泉、ロウリュ、リラックス空間の3つの柱を軸とし、連日開催のイベントで確実な集客を図っている。



THE SPA西新井
源泉/大師の湯(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/東京都足立区西新井栄町1-17-10 [地図
電話/03-5888-1526
交通/東武伊勢崎線・大師線西新井駅より徒歩
     ※駐車場112台分あり(2時間まで無料)
料金/(平日)大人1,000円、小人500円
     (休日)大人1,200円、小人600円
     ※小人は3歳〜小学生
     ※全国のセントラルスポーツ会員は入館料50%OFF
時間/10:00〜23:30、年中無休

(追記-2017/1/24)
昨年12月より深夜営業を開始。営業時間は11:00〜翌9:00に。
23:30以降に滞在の場合は、深夜料金として別途2,160円を加算。
ただし、2:00〜6:30までの間は浴室清掃のため入浴不可。

現在の入館料
(平日)大人1,020円、小人510円
(休日)大人1,230円、小人610円
(朝風呂6:30〜9:00)大人540円、小人270円