松の湯(東京都八王子市小門町)八王子駅から西八王子駅にかけての甲州街道(国道20号線)は、かつて八王子宿として賑わったところ。現在でも国道16号線や秋川街道、陣馬街道が分岐する交通の要衝だ。

松の湯は八王子駅と西八王子駅のほぼ中間に位置し、徒歩圏でありつつも、駐車場は3か所に計18台分完備と利便性はよい。露天風呂松の湯と書かれた煙突がランドマーク。写真手前の塀の裏が露天風呂であるらしく、通りにも薬湯のにおいが漂っていた。期待できそうな予感。

松の湯(東京都八王子市小門町)フロントの奥に小さなロビーがあって、そこにはソファとテレビ。脱衣所にも境壁の上にテレビを置いている。脱衣所の一角に5帖ほどの休憩室を設けていて、そこでは喫煙可。インストルメンタルのBGMを流している。

浴室は境壁にカランが7つ、5-5の島が1列、片側のみ5つ並んだ列の裏側は水風呂で「サウナ専用」の文字。各列に1つずつシャンプー・ボディソープを備えているから、貸しタオル(20円)を利用すれば手ぶらで訪ねることができる。

湯船は水風呂を含めて3つがL字型に配置されている。大きな湯船は泡風呂で、ミクロバイブラとジャグジー2人分、座湯ジャグジー2人分を手すりで分けている。小さな湯船は押しボタン式の大噴射ジェット。サウナは水風呂の向かいにあって、脱衣所に食い込むような配置。さらに露天風呂もあり、4帖ほどの広さの岩風呂のつくり。高い塀で囲まれており、ひさしが半分覆っているが、見上げれば青空と煙突のてっぺんの「露天」の文字が見えた。実母散系の薬湯の袋が沈んでおり、これが外にも漂っていたにおい。ベンチも1つあるから湯冷ましにちょうどいい。

浴室内はタイル張りだが、昨年開催の「富士山詣で」のバスポスターを2枚貼っていた。殺風景な室内の彩りとしてはもってこいだし、ほかの銭湯もぜひ真似したらよいと思う。平日の昼間にも関わらず、男湯は常に10人ほどの客が訪れていた。八王子市には現在4軒の銭湯が営業しているが、レトロ系と設備充実系が半々ずつ。松の湯は後者として安定した人気を確保しているようだ。

松の湯(東京都浴場組合)
日本お風呂・温泉倶楽部 お湯ニストインタビュー

松の湯
住所/東京都八王子市小門町20 [地図
電話/042-622-5356
交通/JR中央線西八王子駅北口より徒歩17分
     またはJR中央線・横浜線八王子駅北口より徒歩18分
     甲州街道(国道20号線)「本郷横丁東」交差点より南に約100m
     ※無料駐車場18台分あり
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途250円
時間/14:00〜24:00、毎週月曜日と毎月第1火曜日定休

(追記-2016/10/1)
ツイッターの情報によれば、松の湯は10/30をもって廃業するとのこと。

(追記-2017/2/6)
署名活動によって閉店を撤回し、以後期限付きで営業を継続していたが、このたび正式に継続することとなった。