亀の湯(川崎市川崎区観音)川崎駅前より富士見通りを西へまっすぐ、もしくは川崎大師駅より南へまっすぐ。観音町内には1丁目に川嶋湯、2丁目に亀の湯と、直線にして300m足らずの距離に2軒の銭湯があったが、現在は亀の湯のみ営業中。観音商店会通りからやや奥まってはいるが、通りに電光看板を出しているから夜でもわかりやすいはず。

この銭湯の特長は2つ。まずは土日祝日に朝風呂営業(6:30〜9:30)を行っていることだが、8月に訪れたときは「兄が入院のため朝風呂は当分の間休みます」とのこと。その後の状況はいかがなものか。お兄さんの健康をお祈りしたい。コインランドリーを併設。フロント式で、ロビーにはテレビ、脱衣所にはムード歌謡が流れている。

浴室に入ると女湯との境側に8つのカラン(うち4つは個別ブース仕様)と立ちシャワーが1つ、4-4の島カランが手前と奥に2列並んでいる。湯船は外壁側に並んでおり、大きな湯船は電気風呂・沈み風呂(横からのジャグジー)・浮き風呂(下からのジャグジー)に分かれており、球状の石からお湯が出ているだけの一角も。さらに立ちジャグジーとボディジェット。高温浴槽は46℃で備長炭風呂。その隣にサウナがあって、向かい合わせで水風呂もある。それだけに止まらず、露天風呂は日替わり湯でこの日は「バスフレンドゆず」。足つぼの歩行浴と打たせ湯もある。

バラエティー豊かな湯船に大満足だが、亀の湯のもうひとつの特長といえば、浴室内にテレビを設置していること。男女2台ずつ。同じチャンネルで、しかもゴルフ。音声はほとんど聞こえないのも残念だったが、湯船につかりながらにして見られるという横着な感じがすばらしい。最近では露天風呂にテレビを設置するスーパー銭湯もたまにあるが、ここは町の銭湯。まったく引けを取らないし、訪ねてみなければわからない魅力だと思う。

亀の湯(神奈川県浴場組合)
亀の湯(川崎銭湯どっと混む)

亀の湯
住所/川崎市川崎区観音2-13-22 [地図
電話/044-288-4424
交通/川崎駅よりバス約15分「観音2丁目」停徒歩3分
     または京急大師線川崎大師駅より徒歩13分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途200円
時間/13:00〜23:00、毎月第1・3水曜日定休