スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)先日の「サウナサミット」で当選した無料招待券で、横浜駅東口のスカイスパを訪ねた。

駅直結でYCAT(横浜シティ・エア・ターミナル)のあるスカイビルの14階。1日の乗降客数延べ200万人という日本屈指のターミナル・横浜駅から、もっとも近い温浴施設がスカイスパだ。

昭和43年の旧スカイビル竣工時に会員制の「横浜国際ヘルスクラブ」としてオープンし、現在のスカイビル竣工(平成8年)とともにスカイスパYOKOHAMAとしてグランドオープン。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)地下2階の横浜駅連絡口、もしくは各階のそごう連絡口からエレベーターで14階へ。フロントで館内着とロッカーキーを受け取る。館内での飲食やマッサージなどの利用はリストバンドで会計し、退館時に精算するシステム。招待券は一般利用と同じく、5時間まで滞在できるとのこと。「そんなに長く…」とは思ったが、実際のところ満喫しすぎてあっという間だった。

タオルは脱衣所に、カミソリやナイロンタオルは浴室に準備してある。脱衣所に隣接した洗面室には、化粧水や整髪料が7〜8種類置くなど気配りがすごい。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)浴室に入ると、まずは扇型に4つの湯船が並んでいた。寝湯、立ち湯ジャグジー、バイブラ、水風呂。サウナサミットでも話題になったが、水風呂の温度は16℃設定。「冷たいのは最初だけ!」「このセッションを繰り返すべし」などと書かれた日本サウナ・スパ協会のポスターが貼ってある。心臓に負担がかかるため、全ての人におすすめするわけではないが、熱さ冷たさのメリハリもサウナ施設ならではの体験か。

さらに人工炭酸泉の湯船もある。「高濃度」を謳うわりには、気泡の付き具合に若干の物足りなさを感じた。いまスーパー銭湯などで炭酸泉は流行しているが、ここではたまに無人になるときも。やはりサウナ施設にとってはサウナが一番人気なのだ。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)

サウナ室は20人以上の客を収容。2段式で決して広くはないが、タワー型のように上部が焼けるような熱さということはない。ストーブはフィンランド製のikiサウナ。ロシアのプーチン大統領も別荘用に購入し、48kgモデルはikiプーチンと名付けられたとか。アウフグースとロウリュのは12時から21時まで1時間おきに、約10分間行われる。アロマオイルをサウナストーンに注ぎ、発生した蒸気をタオルで扇ぐというやり方は同じだが、違いはアロマオイルの量。アウフグースのほうが量が多く、2回目と3回目は氷と混ぜていた。スカイスパでは2年に一度、サウナの本場ドイツへ視察に出掛けているという。

もうひとつ「TERMALE」という名のスチームサウナもあるが、こちらは人気薄。ハマムをイメージしたかのような室内は全面タイル張り。こちらでもアロマオイルを使用しているが、約50℃とぬるめ。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)

といったわけで、二度のサウナイベントと合間の入浴で2時間半。休憩は同じフロアにレストランと床暖ルーム。後者では「天空ヨガ」と称するイベントが週2回行われている。15階にはリラクゼーションルームがある。こちらは男女別。テレビ付きのリクライニングシートが並んでおり、ほかに有料の半個室プレミアムルームや酸素ルーム、カプセルルームがある。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)浴室、休憩室ともにみなとみらいのベイサイド(高島埠頭方面)を眺める絶好のロケーション。別の角度からは金沢区の丘陵地帯を遠望するなど、まさに高層階ならではの楽しみだと言える。

基本料金は決して安くはないが、サービスデーを狙えば値頃感あり。また、延長料金を合算しても3,800円なので、終電を逃したときや観光目的で訪れる方などにとっては、お得感があるだろう。自分の中にあった「サウナ」というイメージを払拭するほど洗練された施設で、しかも若い人や女性の利用もちらほらと見かけた。まさに大都会のオアシスといったところか。

スカイスパYOKOHAMA
住所/横浜市西区高島2-19-12 スカイビル14F [地図
電話/045-461-1126
交通/横浜駅東口より徒歩3分
料金/一般入浴:大人2,300円、学生1,700円
     ※5時間まで
     ※延長は超過1時間につき300円(上限1,500円)
     2時間入浴:1,900円
     1時間入浴:1,300円
     ※超過した場合は一般料金を適用
     早朝入浴1,700円
     ※5:00〜9:00
時間/10:30〜翌9:00、年中無休