伊豆半島の温泉場に共同浴場は付き物だと言えるが、湯ヶ島温泉街の外れにある世古の湯はローカルな雰囲気満点。湯ヶ島温泉だと以前ご紹介した河鹿の湯は狩野川のほとりに位置し、国道414号線(下田街道)から訪ねやすい立地だが、こちらは狩野川西岸の県道59号線を奥へと進む。旅館も民家も乏しい川べりの道で、目指すは湯ヶ島温泉バス停(転回所)。ゲートボール場のわきの階段を河原へと降りていくと、青い屋根の小さな建物が見える。そこが世古の湯だ。

世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)
世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)

「地元班・大口寄付者以外」は管理費として1回100円以上を志納箱に納める。もちろん無人施設。手前が男湯で、脱衣所の窓には裸の人影が見えるし、入口の扉も半分開けっ放し。ほかに建物がなく、この立地ならではだと言える。脱衣所は棚と籠があるのみで、壁には寄付者の一覧表が掲げられている。

世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)浴室は地元住民と思しきおじいさんばかり5〜6人の客。狭い浴室には水2つとお湯1つの蛇口、熱めとちょっと熱めの湯船が2つ。無色透明の源泉はかけ流しだが、東日本大震災のあと源泉温度が上がったという話も。さすがに長湯していられないほどの熱さだ。窓から外を見下ろすと、ごろごろとした石の河原。のどかな景色と昔ながらの共同浴場の風情。わざわざ訪ねるだけの価値はあるが、あまり有名になってほしくないという思いもある。

世古の大湯
源泉/湯ヶ島温泉(カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉)
住所/静岡県伊豆市天城湯ヶ島1964 [地図
電話/なし
交通/伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から湯ヶ島温泉行きバスで約40分、終点下車
料金/100円以上
時間/7:00〜9:00、11:00〜21:00