スパリブール大深度掘削によって誕生した日帰り温泉施設は郊外のあちこちにあるが、いかにして差別化を図るかが生き残りの課題であろう。安価を売りにしてファミリー層を取り込もうとする施設がある一方で、年齢制限を設けて大人の寛ぎをテーマとする施設もある。また、和風もあれば洋風もといった具合だが、数ある施設のなかで「バリ風」を謳うのはおそらくここだけだろう。平成18年3月31日にオープンした施設だ。

スパ・リブールヨコハマは市内の大動脈、環状2号線沿いにあって、ショッピングセンターのトレッサ横浜に近接。地理的には綱島と鶴見の中間に当たる。5階建の大型店で、1階に駐車場、2階以上に浴室やレストランなどがフロアごとに分かれている。2階の更衣室で館内着に着替えたら、4階の浴室へ。タオルなどは脱衣所に用意してある。

スパリブールパンフレット現在は期間限定料金を設定しているとはいえ(本来は大人平日2,100円・休日2,420円)、それでも一般的な日帰り施設と比べれば割高な設定。付加価値といえば、館内の随所にある南国風の植栽や装飾、雑貨、ガムランのBGMによるバリ島演出にほかならない。バリ島といえば青い海と白い砂浜だが、ここでは温泉、しかも黒湯である。

いくつかある湯船のうち、源泉かけ流しも1つだけあって、そもそも客は多くないのでゆったりと寛げる。温泉はほかに循環式と、ナノテクノロジーによって黒さを除去した湯船。黒湯は汚れが目立ったり、段差が見えずに足を踏み外すこともあるが、無色透明だとまったく違った湯に触れているようだ。高い塀が囲んでいるため露天風呂から外の景色を眺めることはできないが、ゆったりとした開放感も。

5階は岩盤浴とバーカウンター、屋外には足湯がある。岩盤浴は室内全体の床に天然岩石を敷き詰めており、「バリ島の気温・湿度と同じ状態を演出した空間」だという。個別に分かれているわけではなく、好きなところで寝転がったり座っておしゃべりしたりという、いわばチムジルバンのスタイル。男一人だと時間も場所も持て余してしまうので、カップルあるいは女性どうしが良かろう。温泉に肩まで浸かっておきながら、足湯もどうかと思うが、楽しみ方によってはこのフロアだけで寛ぎの時を過ごせるのかもしれない。

スパリブールパンフレット

仮眠室は2階。オールナイト営業だが、ほかの施設と違って深夜料金の制度はなく、6時間を超える滞在の場合は1時間につき300円が加算される。入館料と合計すれば平日で最大3,480円。場所が場所だけに横浜西口のスパイアスやみなとみらいの万葉倶楽部より安い。個別テレビつきのリクライニングシートは74席ある。

レストランやエステなどを満喫すれば、あっという間に1〜2万円は必至だが、たまの贅沢を楽しむ施設か。客は少ないながら、ほとんどがセレブ女性。これが「スパ・リブール」の現状だ。

スパ・リブールヨコハマ
源泉/横浜温泉(獅子ヶ谷源泉:ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/横浜市鶴見区獅子ヶ谷2-39-18 [地図
電話/045-575-7573
交通/JR京浜東北線鶴見駅西口よりバス約15分
     東急東横線綱島駅東口よりバス約10分
     JR横浜線・横浜市営地下鉄新横浜駅東口よりバス約15分
     「駒岡車庫前」停徒歩1分、または「トレッサ横浜前」停徒歩2分
     鶴見駅東口・川崎駅西口より無料送迎バスあり
料金/(平日)大人1,680円、子供800円
     (休日)大人1,890円、子供800円
     ※2012/12/31までの期間限定料金
     ※6時間まで。以降1時間ごとに300円(上限1,800円)
     ※子供は小学生以下
     (60分コース・平日のみ)1,200円
時間/10:00〜翌8:00