福助湯(横浜市神奈川区西寺尾)不定休とする銭湯は意外と多いと思うが、福助湯の訪問も三度目の正直となった。大口駅東口よりバス通りに出たら北へ。東海道貨物線のガードの先に立つ大きな煙突が目印。足場を組んでいたから一瞬ドキッとしたが、隣地で住宅を新築するようだ。玄関先には屋号にちなんで福助のタイル絵もあるが、傘立てに隠れてしまっているのは残念。こうした銭湯は実に多いが、雨の日以外は見せるようにしたらいかがかと。ちなみに建物の右手にコインランドリーを併設。左手に隣接しているのは空き店舗。

福助湯(横浜市神奈川区西寺尾)脱衣所に定休日が記されてあったが、毎月8の日を基本としているのか10日おき。番台には品の良いおばあさん。テーブルに椅子4脚のセット、女性の脱衣所との境壁にはテレビ。そして男女とも1帖ずつ浴室側にガラス張りの空間があって、そこには植栽が茂っている。熱帯植物園みたいな演出か。

土曜日の16時頃に訪ねたが、常連客ばかり10人ほどで賑わっていた。洗い場のカランは女湯との境壁に6、5-5の島、外壁側に5+立ちシャワー1の順に並んでいる。島列はシャワーが付いていないので、10人もいれば実質満員といったところ。湯船は奥に2つ並んでいて、大きい方はバイブラ湯、小さいほうは座湯ジャグジー(2人分)。背景は茶色のレンガ調タイルだが、山をイメージしているのか何とも言いがたい。

装飾が素晴らしいわけでもなく、設備が充実しているわけでもないが、普通の銭湯だからこそ地元の常連に愛されているというわけか。大口界隈もだいぶ銭湯が減ってしまい、大口通りの鷲の湯や馬場の喜久の湯といった駐車場を備えた大型銭湯が人気だが、昔ながらの銭湯にもぜひ立ち寄ってほしい。

福助湯(神奈川県浴場組合)
福助湯(横浜市浴場組合)

福助湯
住所/横浜市神奈川区西寺尾2-2-6 [地図
電話/045-421-4826
交通/JR横浜線大口駅東口より徒歩8分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:00、不定休