藤の湯(横浜市港北区小机町)普段は野球観戦ついでに銭湯を訪ねることが多いが、今回はサッカー好きの方のためにもご紹介したい情報。
横浜F・マリノスの本拠地・日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の最寄駅といえば横浜線の小机。スタジアムは北口にあるが、その反対側の南口に出れば横浜上麻生道路の商店街に「藤の湯」がある。「昭和のせんとう」という幟が目印。各政党のポスターと商店街の案内看板でブロック塀も賑やかだ。

藤の湯(横浜市港北区小机町)玄関先には宝船のタイル絵。屋号を染め抜いた暖簾もシブイ。昔ながらの番台式の銭湯で、脱衣所には常連用の洗面用具棚や坪庭もある。

浴室はこじんまりとしており、洗い場のカランは境壁側から5+立ちシャワー1、4-4の島、5つの順で並んでいる。島列のみシャワー・鏡なし。湯船は小さな深湯バイブラと浅湯ジャグジーの2つ。お湯は熱くもなく温くもなく。背景画は中島盛夫師の赤富士で2010/5/10の作。幅は間口いっぱいだが、高さは120cmほどの小ぶりなサイズ。湯船につかって浴室内を見渡すと、天井がやや低いような気も。全体的にペンキは剥げているし、タイルの変色も激しいし、開けっ放しの窓と隣の家のバルコニーがずいぶん接しているし。おおらかさがこの銭湯の特徴か。

ところで横浜国際競技場は平成10年開場とのことで、それに合わせて駅もリニューアルしたようだが、南口の駅前風景だけは変わらず昔のまま。むしろこれが横浜線沿線の定番なのだが。サッカー観戦などで小机を訪れた際には、ぜひ藤の湯にも立ち寄っていただきたい。日曜日は朝風呂営業も行っている。

藤の湯(神奈川県浴場組合)
藤の湯(横浜市浴場組合)

藤の湯
住所/横浜市港北区小机町1508 [地図
電話/045-471-9315
交通/JR横浜線小机駅より徒歩3分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:00(日曜日は朝風呂営業も 8:00〜12:00)
     毎週月曜日定休

(追記-2016/10/4)
インターネットの情報によると、2016/8/31をもって廃業したとのこと。