ホテル南風荘箱根湯本には大型ホテルも多く建ち並んでいるが、そのなかでも群を抜くのがホテル南風荘だ。箱根湯本駅から須雲川沿いにつづく滝通りと三枚橋からの旧東海道が合流する地点にある。ホテルおかだの並び、または天山湯治郷の手前と言えばわかりやすいか。本館と別館を空中の渡り廊下で結び、客室110室、収容人数520名を誇る。企業や団体の研修、会合などにもよく利用されるホテルだ。

大浴場は本館にあって、1階に「いちの湯」、地下1階に「にの湯」。宿泊客のチェックアウトを境として男女を交替しているため、日帰り客は「いちの湯」が女湯、「にの湯」が男湯の利用となる。脱衣所ではカゴを使用するが、数は少ないものの鍵付きロッカーもいくつかある。大型ホテルだけあって浴室は広々したものだが、訪れたのが昼時とあって室内はがらーんとしていた。湯船で泳ぐ人を見たのはひさしぶりだった。パンフレットによれば、浴室には花崗岩や青石をふんだんに用いているという。洗い場は湯船を囲むようにしてコの字型に配置している。室内は大きく窓をとっており、一面に木立ちを眺める。

内風呂はどこにでもある大型ホテルのつくりだが、露天風呂がこだわりか。手前にさわらの木風呂、奥に岩風呂があり、どちらも内風呂に比べればこじんまりしたもの。ここでは間近に木立ちが迫り、眼下には須雲川の流れを眺める。川のほうにはあえて柵を設けていないのが良い。ちなみに「いちの湯」の露天風呂は樽風呂と石風呂だという。

ホテル南風荘(箱根町湯本茶屋)
ホテル南風荘(箱根町湯本茶屋)

ホテル南風荘
源泉/湯本温泉(単純温泉)
住所/足柄下郡箱根町湯本茶屋179 [地図
電話/0460-85-5505
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅より徒歩20分
     国道1号線「滝通り温泉郷入口」より約1.3km
     または国道1号線「三枚橋」交差点より旧東海道(県道732号線)を約2.5km
     無料駐車場120台分あり
料金/1,100円
時間/11:00〜15:00

大浴場利用時間
5:30〜9:30 いちの湯(男湯)、にの湯(女湯)
11:00〜25:00 いちの湯(女湯)、にの湯(男湯)