福徳湯(横浜市南区共進町)横浜市営地下鉄蒔田駅から吉野町方面へ。宮元町1丁目交差点より南に2本目の通りを入ると福徳湯がある。鎌倉街道沿いはマンションが建ち並んでいるが、福徳湯の周辺は戸建が多い。昭和の中頃に建てられたと思われる店舗併用住宅も点在するが、昭和34年開業の福徳湯は古い部類に入るのではないだろうか。ちなみに神奈川区深大寺の福徳湯は親戚が営んでいるという。

福徳湯(横浜市南区共進町)暖簾をくぐると傘立ての裏側に宝船のタイル絵。脱衣所はマッサージチェアやぶら下がり健康器、牛乳瓶が並ぶショーケースなど。昔ながらの番台式だが、浴室の出入口は自動ドア。表の看板にも出ているが、ここは「実母散」を売りにしているだけあって、生薬のにおいが脱衣所にも漂ってくる。

浴室は手前に洗い場、奥に湯船という配置。カランは女湯との仕切り壁から9+立ちシャワー1、8-6の島列、外壁側が7つ。島列にはシャワーなし。湯船は同じ大きさで3つ。座湯ジャグジーとバイブラ湯、そして深湯が実母散薬湯。温浴効果はいうまでもなく、昔ながらの銭湯らしさを存分に楽しめる。毎日実施とはいまや貴重な存在だ。

背景は紅葉を描いたタイル絵。紅葉は「散る」「赤(字)」につながるとして縁起がよくないとされているが、そんなことお構いなしとばかりにダイナミックな図柄。色褪せているのが残念だが、これもまた銭湯の歴史の一部か。

ところで共進町という町名について、インターネットで興味深いことを見つけた。3代目神奈川県庁舎の新築落成記念行事として、大正2年に蒔田で「勧業共進会」が行われ、それにちなんでいるという。50日間の会期で62万人の来場者があったというから当時としては盛大な博覧会だったのではないだろうか。

福徳湯(神奈川県浴場組合)
福徳湯(横浜市浴場組合)

福徳湯
住所/横浜市南区共進町2-40 [地図
電話/045-731-2579
交通/横浜市営地下鉄蒔田駅から徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:00、毎週水曜日定休