魚山亭やまぶき(山北町中川)ホテルや旅館では当然ながら宿泊客の都合が最優先であるため、日帰り入浴を受け付けている宿でも、たいていはチェックアウト後からチェックイン前、そしてそこから掃除や雑務を差し引いた時間帯となる。たまには休業日を設けたり、テレビの撮影、閑散期の平日などは入浴を受け付けていなかったりもする。よくあることだが、ここ中川温泉の魚山亭やまぶきの訪問は実に何度目の正直だろうか。

魚山亭やまぶき(山北町中川)大浴場の入口はフロントからすぐ見えるところにあって、暖簾のすぐわきにベンチと自販機。休憩スペースは設けていないようだ。脱衣場は棚とカゴ、貴重品が心配なら100円ロッカーを使うしかないが、鍵にリストバンドやゴムは付いておらず、いったい何故?という疑問。

魚山亭やまぶき(山北町中川)浴室から露天風呂まで見通せる配置となっており、洗い場は6人分。室内の床や湯船には古代檜を使用しており、お湯につかっているとほんのり香りも感じる。循環式だが湯垢がちょっと気になった。お湯自体はかなり温めにしているので長湯好きにはもってこいだと思う。

露天風呂も檜づくり。こちらは地元足柄の茶風呂としているようだ。そう言われてみると香りが…というくらいの特徴でしかなく、お湯は無色透明。「カテキンの渋みで湯船やタオルが茶色に変色することも」と書いてあるが実感はできず。塀の向こうに竹林、そして頭上にはカエデ。スケール感は物足りないが、自然そのままの素朴さを活かしている。

魚山亭やまぶき
源泉/中川温泉(単純温泉)
住所/足柄上郡山北町中川897-90 [地図
電話/0465-78-3911
交通/JR御殿場線山北駅よりバス約43分「中川温泉入口」停徒歩6分
     国道246号線清水橋交差点より県道76号線で約10.4km
料金/大人800円、子供500円
時間/10:00〜20:00