横浜ベイスターズ×オリックスバファローズ(横浜スタジアム)予告先発など普段意識しないのだが、昨日観戦した人は三浦での黒星にがっかりしただろうし、今日は藤井でどうなることやら、と思っていたはず。苦手としているオリックス戦で、しかも相手がエースの金子千尋とあれば…。

始球式はAKB48のノナカミサトという人。球場の雰囲気に飲まれたというわけではなかろうが、たどたどしい挨拶に外野席の反応は冷ややか。「横浜ファンです」くらいのリップサービスがあれば盛り上がったのだろうが。神奈川県民にとっては同姓同名のアナウンサーのほうが親近感があるし、同じ野中でもセンターでスタメンの野中信吾(元横浜)の脚をどう封じ込めるかがカギとなるような気もするし。とはいえnottvの「AKB48のあんた、誰?」の宣伝でやってきたらしいから、これはもうノナカミサトの作戦勝ちか。というわけで一応リンクを付けておく。

横浜ベイスターズ×オリックスバファローズ(横浜スタジアム)そんな野中は初回に出塁するとさっそく盗塁を仕掛け、石川が送球を逸らしている間に快走飛ばして3塁へ。いきなりのピンチをしのいだが、藤井のこの先が思いやられるというか…。しかし、2回に筒香のライトスタンド看板直撃の2ランHRで先取点を奪い、藤井の気持ちも楽になっただろうし、スタンドも大いに沸いた。2ランコールの期待に応える一発、そしてそれを演出した下園のヒットも忘れてはならない。

横浜ベイスターズ×オリックスバファローズ(横浜スタジアム)藤井はイ・デホに一発をくらうも5回1失点で降板。個人的にはちょっと早いような気もしたが、後ろの席に座っていた人は「遠くから来たんだからいろんな選手を見せろよ」とわがままなことを言うし。その結果がひとりピンチを招いて火消しする自演乙な藤江なのだが。

横浜ベイスターズ×オリックスバファローズ(横浜スタジアム)もう1点取り、気持ちを楽にして9回の山口を迎えたいが、8回はランナー1-3塁のチャンスを活かせず。やはりというべきか、相変わらずの「山口劇場」に冷や冷やさせられたが、最後はスケールズを打ち取ってゲームセット。実に4年に及んだオリックス戦の連敗を14で止めた。藤井は移籍後初勝利で、お立ち台では「横浜ベイスターズの藤井です」と自己紹介。個人的にも今季ハマスタでの初勝利となった。熱いぜ!横浜!

横浜ベイスターズ×オリックスバファローズ(横浜スタジアム)AKB48よりもバファローベルのほうが野球ファンにとっては「萌え」だろww