入船湯(東京都中央区入船)首都圏にお住まいの方なら「♪築地入船江戸の味〜」というCMをご存知かと思うが、初めて降り立った入船の町はビルが建ち並ぶ面白味のない町だった。入船湯はいわゆるビル銭湯で、しかも地下にある。東京ならではといった感じもするが、下町風情を想像していたので、実際とのギャップに少々とまどった。

入船湯(東京都中央区入船)階段を下っていくと小さなロビーとフロント。その両側が脱衣所だが、男湯の方は戸が開けっ放し。ロッカーが衝立となっているのでよいが、地下という構造ゆえ換気なのかなと思ってみたり。とはいえ天井下には窓があったから空堀に面しているのかもしれない。

浴室も天井を高めに確保しており、方形(三角形)の頂点に換気口を設けている。室内に窓はなく、すべて白いタイルの内装。清潔感と明るさはあるが殺風景な感じも。湯船側に後付けのタイル絵が掲げられており、地元永代橋の浮世絵(五代国政 「新規造掛永代橋往来繁華佃海沖遠望之図」)。これが唯一の装飾だ。

室内の左半分が洗い場で、カランは壁側に8つ、そして5-5の島列。いずれも固定式のシャワーつき。ほかに立ちシャワーが2つ。室内の右手に湯船が2つ並んでおり、片方は深めで、もう一方は浅めでジャグジー2基つき。やや熱めであることに下町らしさを感じる。

シンプルな設備で物足りなさすら感じてしまうが、親子づれやお年寄りなど7〜8人の客入り。八丁堀にあるもう一軒の湊湯が定休日(土曜日)だったせいもあるのか。皆さん地元の方のように見受けられたが、平日は仕事帰りのサラリーマンの利用もあるのかもしれないし。こんなことをあれこれ考えると、町に銭湯があること自体がまずは重要なことなのだなぁと思う。

入船湯(東京都浴場組合)
入船湯(中央浴場組合)

入船湯
住所/東京都中央区入船3-6-14 [地図
電話/03-3206-0335
交通/東京メトロ有楽町線新富町駅7番出口より徒歩3分
     東京メトロ日比谷線・JR京葉線八丁堀駅A2出口より徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:00、毎週木曜日定休