横浜×千葉ロッテ(横浜スタジアム)交流戦の2カード目は千葉ロッテとの対戦。昨年は千葉マリンと横浜スタジアムで2試合を観戦したが、いずれもロッテの先発は成瀬で、そして黒星をつけたのだなぁと懐かしく思う。奇しくも今日の先発も成瀬だったが、ベイスターズの荒波とは横浜高校の同級生だとか。方や不動のエース、方や2年目の有望株。試合に先立って荒波の応援歌の練習をするとは、やはりまだイベントは手探りな感じ。千葉マリンからはマスコットやM-Splashも駆けつけるなど、交流戦らしい光景も。土曜日のデーゲームということもあって、外野席などは多くのロッテファンで埋まり、そして熱い声援が球場内をとどろいていた。

横浜×千葉ロッテ(横浜スタジアム)試合は2回裏、ラミレスがレフトポール際に先制弾を放ったかと喜ぶも、審判の判定はファール。ビデオでの判定でも覆らずブーイングの嵐。今日は内野自由席での観戦だったため、打球はほぼ真正面に消えていったが、周りの方々は視力がよいのだなぁ。しかし審判の下す結果が全てだから仕方ない。つい最近では広島カープのニックが打ち直しで正真正銘文句なしのHRを打ったが、同じようなことを期待してもそう簡単には起こらず。

横浜×千葉ロッテ(横浜スタジアム)結局一巡目はノーヒットで終え、そして嫌な予感は的中するものだ。横浜の先発・高崎は4回2アウトから4連打をくらって3失点。今江の当たりにいたってはピッチャー内野安打という、もはや不運なのか、はたまた実力が足らんのか。しかし、その裏に横浜も2アウトでランナー2人という場面を作るも、中村紀には結果が出ず。今日も耐え忍ぶしかないのかとマイナス思考が傾いてしまうが(なんせ今季はまだハマスタで勝利を観ていないのだから!)、中村紀は7回裏の次打席で1点を返すタイムリーヒット。貧打にあえぐチームにあって、さすがの勝負強さだと言える。代打の金城も内野ゴロで1点を奪うが、やはりここからのもう1点が遠いのだ。

横浜×千葉ロッテ(横浜スタジアム)高崎のあとを継いだ藤江は、井口からのクリーンナップをきっちり3人で切って取り、さぁ逆転するぞと意気込むが、8回裏は三者凡退。そして9回のマウンドは篠原に託されたが、結果は背信でしかなかった。1アウトから敬遠での満塁策とはいかがなものか。押し出しのフォアボールとなり、ロッテに追加点を献上。そのあとの菊池は満塁のピンチをよく後始末をしてくれたと思う。

横浜×千葉ロッテ(横浜スタジアム)結局は4連打での3失点が重くのしかかり、今日も勝利とはならなかった。成瀬と荒波の同級生対決は3-0。というより今日の荒波は4タコという成績。

あらためていまラミレスの幻の先制弾の映像をチェックしてみると、ポールの内側のようにも見えるが、勝負事に「たられば」は禁物。逆転とかサヨナラとなればまだしも。実力で圧倒して勝利すればよいだけの話だ。気持ちを切り替えて明日の試合に期待したい。