紅椿の湯(山梨県道志村小椿)山梨県道志村の日帰り温泉施設は2軒。村営の「道志の湯」は以前紹介したが(⇒記事)、今回は4kmほど離れたところにある紅椿の湯へ。平成11年5月にオープンした施設だ。

国道413号線(道志みち)に並行して流れる道志川に面し、源泉名も道志川温泉と名付けている。国道からは派手な看板を目印に、スロープを下りていく。清流と森、それ以外は何もない静かな環境。

紅椿の湯(山梨県道志村小椿)紅椿の湯(山梨県道志村小椿)紅椿の湯(山梨県道志村小椿)

券売機でチケットを購入し、フロントへ。下足箱とロッカーの鍵を引き換える。広々とした館内は1階に食事処や売店、そして突き当たりに浴室。2階には家族風呂や客室(宿泊もできる)がある。

脱衣所や浴室も広々としており、とくに浴室は温度の異なる2つの湯船と小さな水風呂、サウナというシンプルな感じがいい。温めのほうは人肌よりわずかに熱く、38℃くらいか。長湯好きにはもってこいだ。露天風呂は眼下に道志川を眺め、正面には渓谷の風景。山側は苔むした天然の崖になっている。この土地ならではの景色。都心からちょっと足を伸ばすだけの価値はあると思う。

この施設はボーリング会社の社長がオーナーで、源泉は自ら掘削。地下1,500mから湧出している。山梨県内の温泉施設ではおなじみ、大月短大田中教授の解説も浴室内にある。「世界的にきわめてユニークなアルカリ性温泉」とのこと。この表現は他所でもよく見かけるが。泉質うんぬんより、個人的には温めに沸かした湯船が良かったな、と。どうしても道志の湯と比べてしまうが、料金面でもう一声を期待したいところだ。

紅椿の湯パンフレット

紅椿の湯
源泉/道志川温泉(カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉)
住所/山梨県南都留郡道志村小椿3888 [地図
電話/0554-20-4500
交通/中央道都留ICより道坂峠経由で約20km
     中央道相模湖ICより藤野経由で約30km
料金/(3時間)大人1,000円、子供500円
     ※超過1時間ごとに300円
     (1日)大人1,800円、子供900円
     (17時以降)大人500円、子供300円
時間/10:00〜21:00、定休日なし