京浜工業地帯を走るJR鶴見線。工場に通勤する客の利用がほとんどであるため、日中は1時間に2〜3本の間隔。鶴見駅を発車すると、車窓の景色はひたすら工場、たまに運河。じつは首都圏屈指のローカル線として、人気の路線だ。

鶴見線国道駅鶴見線国道駅
鶴見線国道駅鶴見線国道駅
鶴見線国道駅鶴見線国道駅

鶴見線の駅名は、浅野駅(=浅野総一郎)や安善駅(=安田善次郎)など人名であったり、昭和駅(=昭和電工)や新芝浦駅・海芝浦駅(=芝浦製作所<現在の東芝>)のように企業名にちなんだものであったりするが、国道駅は京浜国道(国道15号線・第一京浜)に由来する。時代遅れな雰囲気漂うガード下は一見の価値がある。

コアップガラナコアップガラナ

横浜市鶴見区仲通周辺には沖縄出身者が多く、沖縄料理店も点在する。レアな情報だと、「ガラナ」を扱う自販機もあるとのこと。伊藤園に間借りする格好だが、4缶分は堂々の存在感。しかしこの自販機をたやすく見つけられるかどうか…。