戸田温泉壱の湯(静岡県沼津市戸田)西伊豆の付け根である沼津市街地から駿河湾をぐるりと迂回し、さらに南に下ると戸田地区に至る。もとは戸田村といい、釣り人には有名なところ。伊豆は温泉に恵まれているが、戸田で湧出したのは昭和61年4月のこと。「伊豆で一番新しい温泉」なのだという。そして戸田唯一の立ち寄り湯が、今回ご紹介する壱の湯。沼津市営の施設で、平成21年にリニューアルオープン。戸田大川の川べりに位置し、温泉スタンドも有している(200L:100円、500L:200円)。

戸田温泉壱の湯(静岡県沼津市戸田)建物は平屋建ての素朴な造り。暖簾をくぐると受付カウンター、そしてソファを備えたホール。観光パンフレットなどを置いている。券売機でチケットを購入するが、受付のおじさんにはしきりに回数券の購入を勧められた。4,500円で1回あたり150円とは確かにお得。釣りが趣味でしょっちゅう戸田に通うならば、ぜひ購入しておきたいところだが…。このおじさんはとにかく話し好き。「おれっちからすると戸田の温泉は一番だね。よく温まるよ」。神奈川県から来たと言えば「今日は他にも湘南ナンバーのお客さんがいるよ。(通りかかった人に声を掛け)あなただっけ?」。地元客からは野菜の差し入れがあったり、もしやみんな顔見知りか?といった感じ。親しみやすさがいい。

脱衣所は100円返却式ロッカー。浴室内はタイル張りで、洗い場は3か所に分かれて全部で15コ。シャワーが付いていない箇所もあるし、石鹸等の備え付けはないので持参か購入を。湯船は横長で6帖ほどの大きさ。源泉51.8℃を掛け流しにしており、湯口は熱いが、湯船としてはぬるめ(浴用は夏季40℃・冬季41℃)。しかしぽかぽかとよく温まる。毎日営業終了後にお湯を抜き(地元の方言で「うっちゃり」)、朝6:00に入れているそうだ。窓は換気のために設けているので、外の景色には期待できない。

平日の昼間だが、地元客をメインになかなかの賑わいぶりだった。週末には釣り人も多く立ち寄るらしい。受付のおじさんいわく「沼津市に合併してから宣伝が足りない」らしい。インターネットや現地周辺の看板等を見ても、確かにそうだな、と。正直なところ戸田に温泉のイメージはなく、まっすぐ土肥を目指すつもりだったが、手頃な料金は見逃せない。泉質もさることながら、受付のおじさんを含めて共同浴場のような雰囲気。西伊豆観光のスタート、もしくはゴールに立ち寄ってみてはどうだろう。

戸田観光協会
沼津市観光Web

戸田温泉壱の湯
源泉/戸田温泉(ナトリウム・カルシウム−硫酸塩泉)
住所/静岡県沼津市戸田1007 [地図
電話/0558-94-4149
交通/静岡県道17号線(沼津土肥線)・静岡18号線(修善寺戸田線)
    「戸田三差路」交差点より約700m
    ※無料駐車場20台分あり
料金/大人300円、小人150円
時間/10:00〜21:00
    毎週火曜日定休(7/20〜8/31は無休)