寿湯(東京都中央区築地)地下鉄の築地駅を出るとマンションやオフィスビルが建ち並んでいるが、築地本願寺の裏手(東側)はまだ下町風情も健在だ。昔ながらの木造家屋や看板建築もちらほら残っている。築地唯一の銭湯「寿湯」はそんな一画にあり、毎月第2・4金曜日の「ふれあいデー」とあって夕方からかなり混雑していた。フロントのおじいさんが「今日は100円だよー」と言うのでラッキーと思ったが、あとで知ったところでは、中央区内に在住・在勤者は入浴料100円、敬老入浴証持参者と小学生以下は無料。また築地を訪ねる際には利用して恩返ししたい。

外観はこぎれいにしているが、コインランドリーの入口は簡単に壁を付け足したっぽい。ロビーにはソファーと自販機など。脱衣所には三方にロッカーを設け、真ん中にベンチを置いている。多少せせこましく感じるが、都内だから仕方がない。浴室は手前に洗い場、奥に湯船とサウナという配置。洗い場側は水色のタイル、湯船側は白タイルの花柄でまとめており、背景画はない。カランは6、5-5、5-2の配列(すべて固定式シャワー付き)で、打たせ湯、立ちシャワー、ポイントシャワーもある。

湯船はガリウム石温浴泉の座湯ジャグジー(2基)、バイブラ湯、シルキーバスの電気風呂の3種類。シルキーバスについては「微細泡発生器によって5〜3ミクロンの泡を発生」といった説明文が掲げられており、お湯は真っ白に濁っている。銭湯でシルキーバスが楽しめるとはちょっと嬉しい。いずれの湯船も熱すぎず温すぎずといった湯加減。客の出入りが多かったからだろうか。サウナは3帖ほどの広さで中温湿式。無料で利用できるので得した気分だ。

寿湯
住所/東京都中央区築地6-12-4 [地図
電話/03-3541-0851
交通/東京メトロ日比谷線築地駅より徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜24:00、毎週日曜日・祝日定休

(追記-2016/10/1)
寿湯は2016/5/17をもって廃業しました。

築地築地築地
築地築地