東京ヤクルト×横浜(神宮球場)ここ最近は野球観戦ばかりしているので、ここらでちょっとペースを落とさないと…なんて思っていたら、昼間に友達から神宮観戦の誘惑。丸1週間で4試合。相模原球場のいい流れで首位のツバメいじめ!? とは簡単にいかないだろうけど、今季初神宮なのであった。ゲート内外でいろいろ記念グッズを貰うが、館山の通算1000イニング達成記念下敷きなんて、小学生だったら宝物だろうな。そんな館山のセレモニーが行われたが、今日のヤクルトの先発は「小さなエース」こと石川。

東京ヤクルト×横浜(神宮球場)東京ヤクルト×横浜(神宮球場)東京ヤクルト×横浜(神宮球場)

横浜打線は、先頭の下園がヒットで出塁すると、石川が送りバント、スレッジがセンター前にタイムリー。野球の教科書に載っていそうな攻撃で簡単に先制するが、4番村田は併殺打。ここで一発打てば株が上がっただろうに、やはり村田は村田なのであった。というより、ここから先は石川の好投に手も足も出ない。

東京ヤクルト×横浜(神宮球場)横浜の先発はチームの勝ち頭、とはいえ4勝(苦笑)の高崎。序盤は完璧な投球を見せてくれたが、4回には横浜の先制シーンと同じ展開で失点を許す。渡辺のトンネルがあったりして、2死満塁のピンチを招くが、川本を打ち取って難を逃れるが、安堵も束の間。その直後の横浜の攻撃では2死から細山田がヒットで出塁し、打席には高崎。ここで細山田はキャッチャーからの牽制球で刺されるという失態をやらかし、これで流れはヤクルトへと完全に傾いた。相模原での黒羽根のプレーを見て、細山田は何も感じなかったのだろうか?走る場面でもないし、走れるプレーヤーでもない。こんなの見せられたんじゃ観客もだらけるよね。

東京ヤクルト×横浜(神宮球場)5回裏にはまたしても畠山のタイムリー、続くホワイトセルのタイムリーで勝ち越されると、300発の打ち上げ花火。

横浜打線は相変わらず湿りっぱなし。スレッジだけが3安打と一人気を吐いた。好投を続ける石川に対し、横浜は高崎が5回を投げて降板すると、真田−大原慎−福山−牛田と繋いでいく。しかし牛田は四球のランナーを出してから、バレンティンにはダメ押しの2ランHRを献上。年間を通して働いたことのない牛田だから、夏は未知数。最近こういう場面がお約束になってきた。

東京ヤクルト×横浜(神宮球場)点差が4点に広がったことで、石川が9回もマウンドへ。最後もやっぱり村田の併殺打。今季初完投で勝利を挙げた石川と、同点&勝ち越しのタイムリーを放った畠山が今夜のヒーロー。首位ヤクルトに対してなす術なし。去年までお友達だと思っていたヤクルトが強いのは確かだが、横浜も相変わらずの野球をやっているようでは、そりゃ一人置いてけぼりもやむなし。そして強いチームには観客が大勢詰め掛ける。今季初神宮であらためて実感した。