幸乃湯(岐阜県下呂市幸田)下呂温泉といえば有馬や草津とともに日本三名湯として知られ、発見されたのは天暦年間とも延喜年間とも言われ、いずれにしても1000年の歴史を持つ。飛騨川(益田川)沿いに温泉街が広がり、日帰り入浴できる施設としては「クアガーデン露天風呂」や「白鷺の湯」が観光客に人気。もう5年前だがこの2軒は訪れているので(⇒記事)、今回は地元色の濃い「幸乃湯」を訪ねてみることにした。飛騨川の西岸、下呂温泉病院の並びに位置する。旅館の一部を宿泊客・外来客の共同浴場としているが、玄関は別に設けており、銭湯のような外観だ。

幸乃湯(岐阜県下呂市幸田)玄関をくぐると正面はフロントで、左右にロビーがある。左手は畳敷き、右手はソファ。脱衣所は10円ロッカーだったが、ゴールデンウィーク中とあって、なんと空がない。やむをえず脱衣カゴを使用した。サウナは入浴料に含まれており、脱衣所側に出入口あり(混雑していたので利用しなかったが)。脱衣所に突き出たつくりで打たせ湯、浴室内には円形の湯船が2つ並んでいる。手前はジャグジー風呂(ハイドロ風呂との表記)、奥は設備なしでお湯は熱め(飲泉も可)。ほかに水風呂もある。露天風呂は木づくりの湯船。ミニプールのような湯船もあったが、こちらにはお湯が張っていなかった。

地元客に増して観光客が多く、あまり寛ぐことができなかった。ぬるめの露天風呂やジャグジーに人が集中するけど、泉質をいちばん実感できるのは何の設備もない円形風呂。ちょっと熱めだったが、かけ流しで気持ちがいい。駅から近いので鉄道旅行の立ち寄り湯としてもおすすめだ。

幸乃湯(岐阜県下呂市幸田)

幸乃湯
源泉/下呂温泉(単純温泉)
住所/岐阜県下呂市幸田1144 [地図
電話/0576-25-2157
交通/JR高山本線下呂駅より徒歩5分
料金/大人350円、小学生150円、幼児70円
    家族風呂1,600円(1時間)
時間/10:00〜23:00、毎週火曜日定休(祝日の場合は翌日)

下呂温泉観光協会
下呂温泉旅館協同組合
岐阜県温泉協会

下呂温泉街下呂温泉街
下呂温泉街の昼と夜

温泉スタンド温泉スタンド
駅のすぐわきには温泉スタンドがある

下呂温泉噴泉池飛騨川の河原にある「噴泉池」(写真の左下)は、水着着用だが、無料で利用できる。