渋の地獄谷噴泉湯田中渋温泉郷といえば中野市と志賀高原の間にあり、安代温泉、角間温泉、上林温泉、沓野温泉、地獄谷温泉、渋温泉、新湯田中温泉、星川温泉、穂波温泉、湯田中温泉の総称を言う。このうち地獄谷温泉と言えば、猿が温泉につかることで有名だ。渋温泉の外れから山道を上がっていくのだが、道幅が狭くすれ違いが困難なほど。しばらく行くと横湯川の川べりに源泉地帯を眺め、野猿公苑と後楽館という旅館の共用駐車場(有料500円)に至る。駐車場からさらに横湯川沿いを歩いて行く。後楽館は「日本秘湯を守る会」の宿で、川の対岸には「渋の地獄谷噴泉」がある。国の天然記念物に指定されており、自然噴泉で高さは20mほどになるという。

野猿公苑はさらに歩いたところ。「静かになるべく離れて観察してください」とあるけど、猿はそこらじゅうにいて足元を平然と通り過ぎていく。檻に入っていない時点で珍しいのだけど、温泉に入っているのは日本でここだけ。こんな感じ↓

地獄谷野猿公苑地獄谷野猿公苑

山ノ内町観光連盟

地獄谷野猿公苑
住所/長野県下高井郡山ノ内町平穏6845 [地図
電話/0269-33-4379
交通/渋温泉街から車で約10分ほど
     さらに有料駐車場(500円)から徒歩10分ほど
料金/大人500円(中学生以上)、子供250円(5歳以上)
時間/夏期8:30〜17:00、冬季9:00〜16:00