豊国館(群馬県嬬恋村干俣万座温泉)万座温泉を訪れるのは3度目だが、今回は「豊国館」という旅館で日帰り入浴。かつて訪れた施設は露天風呂の数に満足したが、温泉評論家と呼ばれるような方々の本を読むと、豊国館を絶賛する記述が多い。万座温泉は江戸時代から湯治場として開けていたが、本格的な温泉地として開発されたのは戦後になってから。その中にあって、昭和2年創業の豊国館は老舗だと言ってよいだろう。万座ハイウェイ側の入口に建ち、外観も館内も鄙びた部類に属す。節電なのか普段からそうなのか館内は薄暗く、呼び鈴を鳴らしてもなかなか宿の人は出てこない。宿泊は「賄式(2食付)」「半自炊式」「自炊式」の3タイプ。観光客相手というより、湯治客あるいは温泉通好みの宿だと言える。

万座温泉の旅館で使用しているのは13の源泉だが、豊国館は自家源泉の「苦湯」。脱衣所は2方向に扉があって、一方は内湯。浴室は湯船も含めてすべてを木でつくっており、全体がこげ茶色の空間。歴史の積み重ねを感じさせる。湯船には青白いお湯がなみなみと湛えられており、細かい湯の花がいっぱい。ざらざらとした肌ざわりが成分の濃さを感じさせる。

豊国館(群馬県嬬恋村干俣万座温泉)脱衣所からもう一方の扉を開けると、通路を経て大きな露天風呂に通じている。廊下側にも通じていることは気づいていたが、あとになって知ったのはここが混浴だったということ。女性専用の露天風呂もあるため、女性客は誰もいなかったが。さて、この露天風呂の大きさは幅3m×奥行9m×深さ1m。曇り空だったが、青白いお湯がまぶしくてたまらない。「万座温泉に来たんだなぁ」とあらためて実感。目の前は開けていて、まだ雪の残っている山の景色を眺める。万座に下りてくる車やバスもはっきりと確認できる。外気はまだ冷たく感じたけど、半身浴だといくらでもお湯につかっていられる。のんびりとした景色を眺めていたら、ついうとうとしてしまった。(写真はパンフレットより転載)

好きな温泉どこ?という質問には、いつも万座と答えているのだが、今回の豊国館でも最高の温泉気分を味わうことができた。内湯や露天風呂の湯治場風情はもちろんのこと、なんといっても温泉そのものの素晴らしさ。硫黄泉のにおいや白濁した色、pH2.2という酸っぱさ、高原の静かなロケーション。五感で楽しめる温泉地だ。

豊国館
源泉/万座温泉(含硫黄−ナトリウム−硫酸塩泉)
住所/群馬県吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉2401 [地図
電話/0279-97-2525
交通/JR吾妻線万座鹿沢口駅よりバス約40分「万座バスターミナル」停徒歩1分
     上信越道碓井軽井沢ICより鬼押ハイウェイ〜万座ハイウェイ
     上信越道信州中野ICより国道292号線(志賀高原経由) ※冬期通行止め
料金/大人500円、子供300円
時間/8:00〜20:00

万座温泉観光協会

・万座高原ホテル(⇒記事
・万座温泉ホテル(⇒記事