河原の湯(群馬県中之条町四万)四万温泉に点在する共同浴場のうち、新湯地区にあるのが「河原の湯」だ。温泉街を流れる四万川と新湯川の合流地点、萩橋のたもとにあって、バスターミナルの真向かいというわかりやすい場所。共同浴場の真上は、散策の休憩スポットとして活用されている。ほかに上の湯、御夢想の湯、山口露天風呂という共同浴場もあるが、一番人気はここ河原の湯かもしれない。観光客でも寸志で利用することができる。

河原の湯(群馬県中之条町四万)萩橋のわきの階段を下りていくと出入口の扉がある。川側に小さな脱衣所があるため、残念ながら浴室からは川を眺めることができない。しかも通気のための窓が上にあるだけなので、なんだか薄暗い。浴室内の床や湯船には石板タイルを使用しているが、奥の壁は河原の石積みを活用。外壁といい、全体が石づくりな感じ。木目が印象的な上の湯とは対照的な雰囲気だ。

湯船は4〜5人でいっぱいな大きさ。お湯はちょっと熱めで、注ぎ口からは飲泉もできる。ほんのり金気臭がして澄んだ感じはしないが、身体の中から温まる。観光客1人と、ほかに地元のおじさん2人がいたが、あとからやってくる人も絶えない。さすがGWなのか、それとも河原の湯の人気の証か。

河原の湯
源泉/四万温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/群馬県吾妻郡中之条町大字四万 [地図
電話/0279-64-2321(四万温泉協会)
交通/JR吾妻線中之条駅よりバス約40分「四万温泉」停下車徒歩1分
料金/寸志
時間/9:00〜15:00

四万温泉協会
ふだん着の温泉(NHK)

四万温泉街(新湯地区)塩之湯飲泉所
四万温泉街(新湯地区)と塩之湯飲泉所

積善館河原の湯のすぐ近くには「積善館」という旅館がある。創業は元禄7年(1694年)。本館は群馬県指定文化財、山荘などは国指定有形文化財に指定されている。
詳細は⇒中之条町観光協会


塩の湯新湯地区の温泉街の裏手で「塩の湯」という共同浴場を見つけたが、ここは地元住民専用であるらしい。





四万温泉の共同浴場についての記事
山口露天風呂
上の湯
河原の湯
御夢想の湯