和田湯<和田寿老人の湯>(静岡県伊東市竹の内)伊東市街地に10軒ある共同浴場をご紹介するのも、和田湯でおしまい。伊東駅の南東約1kmの位置にあり、バイパスではないほうの国道135線に面している。建物は市内の共同浴場でも1、2の規模を誇り、「和田湯会館」という名称。1階に浴室、2〜3階は財産区の会議室。外観は擬洋風で、2008年に新築された。外壁側面には「徳川将軍家献上の名湯、伊東最古の和田の大湯」と記されている。慶長3年(1598)に湯小屋が建てられたのが発祥で、三代将軍家光の時代には船でお湯が運ばれ、湯治に使用されたという。また、玄関前の石碑によると、昭和11年に伊東を訪れた種田山頭火は、滞在中にたびたび和田湯で入浴したという。このようなことから、和田湯は伊東を代表する共同浴場だと言える。

和田湯<和田寿老人の湯>(静岡県伊東市竹の内)通りをはさんで駐車場は12台分。しかし昼間から満車状態。徒歩でもひっきりなしに客が訪れる。ほとんどが地元住民だが、ローカル色は薄いので観光客も利用しやすいはず。入館するとロビーの先に小さなフロントがあって、暖簾が2つかかっている。券売機はフロントの真向かい。暖簾をくぐると脱衣所で、下足棚はその一角にある。ロッカーは室内にL字型にしつらえてあるが、その多くは鍵が付いていない。地元の人は身軽な格好で来るので、カゴを使う人も多い。

浴室は左右に7人ずつの洗い場、中央に湯船という配置で、出入口側には2つの立ちシャワーもある。男湯の場合、カランにシャワー(ホース式)が付いているのは右手側のみ。カラン自体がやや高い位置にあり、しかも温度調整可能な混合栓であるため、そのまま蛇口の下で髪を洗うこともできる。そのせいか右手側の人は椅子を使うけど、左手側の人は床に直接あぐらをかいて座る。湯船からあふれたお湯が床をかけ流しになっているので、石鹸の泡なども気にならないかも。しかしシャワーを使うか否かで世代が分かれているような気も。

湯船は4帖大といったところで、成分表によると源泉は44.1℃の混合泉。やわらかい肌ざわりで、ぽかぽかと温まる。浴室自体が湯気でつつまれていることもあり、のぼせ気分になったのはひさしぶり。客が多いから慌しくなっちゃうけど、せっかく来たからには湯船でゆっくりしたいし。ホテルの大浴場もいいけど、町の共同浴場もぜひどうぞ。

和田湯<和田寿老人の湯>
源泉/伊東温泉(単純温泉)
住所/伊東市竹の内2-2-16 [地図
電話/0557-37-0633
交通/JR伊東線・伊豆急伊東駅より徒歩13分
     ※駐車場12台分あり
料金/大人300円 小学生100円
時間/14:30〜22:30、毎週水曜日定休 (奇数月に臨時休業有り)

伊東七福神の湯(伊東観光協会)
伊東温泉の共同浴場(グーグルマップ)

伊東温泉の共同浴場についての記事
湯川第一浴場 <子持湯>
湯川第二浴場 <湯川弁天の湯>
湯川第三浴場 <汐留の湯>
松原浴場 <松原大黒天の湯>
和田湯 <和田寿老人の湯>
岡湯 <岡布袋の湯>
小川湯 <小川布袋の湯>
鎌田湯 <鎌田福禄寿の湯>
芝の湯 <毘沙門天芝の湯>
あらいの湯 <恵比寿あらいの湯>