玉の湯(静岡県御殿場市萩原)御殿場市には銭湯が2軒あり、うち1軒は番台のおじいさんの人柄があたたかい「人参湯」(⇒記事)。そしてもう1軒が今回ご紹介する「玉の湯」で、駅から北西約10分の位置にある。訪問前にインターネットで調べた情報によると、駐車スペースが数台分あるとのこと。カーナビにセットして現地に向かうが、苦労するのは現地までの進入路が狭いこと。3ナンバーだと擦りそうでハラハラするし、駐車スペースはどう置いてよいのかよくわからない。銭湯の裏側から側面の空いている部分を駐車スペースとしているのだが、縦に置くと通行の邪魔になりそうだし、横に置くと台数が限られるし。しかし深く考える必要はなかったようだ。斜めに駐車している人もいたし(笑)、玄関前に横付けしてもいいらしい。

玉の湯(静岡県御殿場市萩原)番台のおばちゃんは近所の客と談笑中。スーパーでの買い物や夕食の献立についての話。超ローカルな会話が微笑ましい。脱衣所は広すぎるくらい。通り側の壁一面にロッカーが据え付けられ、ほかにベンチとテーブル。サウナは脱衣所側に突き出た格好で設けられ、そのわきにゴザを敷いた小上がり。ちなみにサウナは3帖分ほどの広さ。脱衣所から出入りする。利用料が800円(別途?入浴料込み?)とものすごく高いのはなぜだろうか。

浴室もまた広い。左右の壁側に7コ、6コのカランが並び(固定式シャワー付き)、室内の真ん中に細長い小判型の湯船。深め(お湯は熱め)と一部浅めに分かれている。湯船はほかにもあって、ジャグジー3基を備えたイベント湯(この日は「じっこう」だった)と小さなバイブラ湯(休止中)が並び、入口側には水風呂もある。女湯との仕切りは、上のほうが曇りガラスになっているのだが、わかっていて近づく人などいるわけないか。客は7〜8人いたが、ほとんど地元住民だろう。脱衣所には「入浴は1時間以内で」という貼り紙があったが、賑わっていた時代の名残だろうか。湯船の数がバラエティに富んでおり、ゆったりと入浴できる。

玉の湯
住所/静岡県御殿場市萩原693-1 [地図
電話/0550-82-1261
交通/JR御殿場線御殿場駅富士山口より徒歩10分
料金/大人360円、中人140円、小人70円
時間/16:00〜21:00、不定休