仙石原唯一の日帰り専門施設が、今回ご紹介する南甫園。玄関先に「日帰り温泉」の幟をたくさん立てているが、いままで気がつかなかったのは、定休日である水曜日に通りかかることが多かったからか。はたまた道路から引っ込んで建っているためか。平屋建ての素っ気ない建物で、外観からして宿泊施設だと思い込んでいたからかもしれない。もっと宣伝してしかるべきだが、いまどき公式のホームページすらない。それなのに温泉マニアの評価をあちこちで目にするのは、それだけ魅力的な施設だということか。

湯遊の里 南甫園(箱根町仙石原)温泉施設にしては建物の規模は大きく感じた。ネットで調べてみると、畳敷きの休憩室や喫茶スペースを備えているようだ。もとは旅館が、そのあと入浴も可能な中華料理店だった、という情報もある。そう言われると納得。現在は内装などにややくたびれた感じもあり、時間のせいもあって閑散とした印象も受けた。受付で料金を支払うと、浴室までの行き方をご丁寧に案内してくれた。廊下を進めばよいのだが。そして「お湯が熱かったら水を入れてください」と。脱衣所には「最近露天風呂にて湯あたり多発中。長時間の入浴はご注意願います」との手書きの注意文。のぼせる人がよっぱど多いのか…。

湯遊の里 南甫園(箱根町仙石原)内風呂は無色透明のお湯だが、これは温泉ではないのだろう。循環式で若干の塩素臭。室内は湯気が立ち込めているし、窓ガラスも結露していて外がよく見えない。カランは3〜4個だから、大勢の客を想定していないようだ。身体を洗ったら露天風呂に即移動したが、先客のおじさんいわく「熱いですよ〜」。

湯遊の里 南甫園(箱根町仙石原)露天風呂は大涌谷から引湯した蒸気混合造成泉。乳白色の硫黄泉で、確かにちょっと熱め。そのせいか、もしくは酸性泉であるためか、肌にピリピリした刺激を受けた。循環処理はしておらず、あふれた分だけかけ流し。色もにおいも温泉らしさがあって、評価が高いのもうなずける。しかし特筆すべきは、露天風呂から眺める景色だろう。スケール感のある庭園に面していることなど、誰が想像できようか。植栽は手入れしているようで、していないような。しかし、自然の移ろいをありのままに感じることができる。外観とのギャップ、内風呂とのギャップったら!もうちょっと営業熱心になれば、施設としてもっと良くなるのに…。

南甫園(箱根全山-箱根町観光協会)

湯遊の里 南甫園
源泉/大涌谷温泉(含硫黄−カルシウム・マグネシウム−硫酸塩泉)
住所/足柄下郡箱根町仙石原934 [地図
電話/0460-84-8591
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス30分「仙郷楼前」停徒歩2分
     ※無料駐車場30台分あり
料金/大人1,000円、3歳〜小学生500円
時間/10:00〜19:00、毎週水曜日定休