赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)伊豆には海岸に面した露天風呂がいくつかあって、その中には無料で開放しているところもある。河津浜露天風呂では入浴を断念したが、そのリベンジを果たすべく一気に北上し、赤沢露天風呂へ。実は以前も赤沢を訪れたのだが、夜の海岸は真っ暗で場所がわからなかったため、二重の意味でのリベンジなのだ。国道135号線より漁港に下りていくと、バスの待機所と駐車場があり、そこから先には漁村の風景が続く。あらかじめ調べた情報によると、目印はデラックストイレだというが、それがまず見つからない。しかし海岸に面しているというのはわかっているので、漁村とは反対側に向かって歩いていく。集落から1軒だけ離れたところにある民宿の裏側は広場のようになっていて、そのわきに通路がある。そしてその先に岩を組んでつくった小さな露天風呂があった。見つかるときというのは、意外と容易いものである。

赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)湾の対岸にはDHCが運営する赤沢日帰り温泉館やホテルなどの巨大施設が建ち、そこだけ煌々とした明るさを見せているが、あくまでも頼りとなるのは月明かりのみ。聞こえるのはザバーンザバーンという波の音だけ。開放感はもちろんだが、海岸からは一段高い位置にあるため、たとえ海岸に人がいたとしても視線は気にならないはず。

湯船のふちはコンクリートで固められており、そのへんで適当に服を脱ぐ。外気温が低いせいかお湯は人肌よりもぬるめ。というか、温泉は溜めてあるだけなのだろうか、どこから注がれているのかわからない。排出口にはペットボトルを逆さにして蓋がされていた。湯船の底は若干ぬるぬるするし、藻のようなにおいもあり、新鮮な感じはしない。しかしインターネットで調べてみると、ボランティアの方が清掃を行っているという情報もある。

冬は寒くて出るのが嫌になっちゃう温度だが、夏なら快適だろう。海水浴やダイビングの客で赤沢自体が混雑するのかもしれないが。時間的に言えば明け方の入浴がいいらしい。昇ってくる朝日を真正面に眺めることができるから。それにしても、DHCが運営するリゾート型施設と比較したときの、極端すぎる個性は面白い。



赤沢露天風呂
源泉/赤沢温泉
住所/静岡県伊東市赤沢 [地図
交通/国道135号線で赤沢漁港へ。民宿砂場のそば。
料金/無料
時間/24時間


(以下、2011/4/15追記・写真掲載)

赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)
赤沢漁港のバス停から南の方角を眺めると、海岸に水が流れている。
その上が露天風呂(奥は公衆トイレ)。民宿の敷地を抜けていく。

赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)
海岸沿いの通路の奥に露天風呂。通路の手前には看板があった。
「ここは、露天風呂ではありません」と書いてあるが…。

赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)
現地。そして現地からの眺め。
「5時に鍵を掛けます」とあるけど、施錠されていなかった。