小川温泉共同浴場(伊豆市上白岩)旧中伊豆町の白岩温泉白岩の湯(⇒記事)は以前ご紹介したが、今回はその近所にある小川温泉共同浴場。県道沿いにあって地域の行政施設に隣接した白岩の湯とは対照的に、小川温泉は大見川寄りの集落にあるため少々わかりづらい。とはいっても県道から約600m、大見川に架かる橋のたもとに建っている。バス停の名前から推測すると、小川というのはこの集落の名前であるようだ。

まだ日も暮れていない時間だというのに大勢の客が訪れていた。建物の正面の駐車スペースは満車状態だったから、この集落だけでなく近隣からの客も多いようだ。素朴な風情の建物は中央に廊下を設け、その右側に受付がある。いちごや海苔といった地場産品、さらにはツナ缶が並んでいたが、お土産に買っていく人が多いのだろうか。左側には浴室があるのだが、男湯は奥に位置するため、脱衣所入口はカーテンのみ。棚と流しがあるだけで、いたってシンプル。

浴室にはカラン4つと湯船1つ。すでにすべてのカランが埋まり、1.5帖ほどの湯船にも4人がつかっている。常に入れ替わりがあるのはいいけれど、窮屈な感じは続く。これから夜になるにつれてもっと混み合うという。白岩の湯も混んでいたが、それには近隣住民の温泉好きもあるだろうし、なにより200円という入浴料の安さだろう。「今日はぬるいね」なんておじいさんは言うが、客観的に言えば適温の範疇。しかしみんな好き勝手にコックをひねり、湯量で温度を調整している。おじいさんいわく「白岩の湯はぬるくて嫌だ」。2つの共同浴場にはそれぞれ根強い支持層がいて、地域を二分しているのだろうか。浴室にはモザイクタイルで花咲か爺さんが描かれている。女湯は浦島太郎なのだとか。

周囲に観光すべきスポットはないため、多くの人は上白岩地区を素通りしてしまうだろう。もうひとつの共同浴場「白岩の湯」は県道沿いにあるため、その存在に気づく人がいるかもしれないが、小川温泉共同浴場を知る人はよっぽどの温泉マニア。ひっそりと営業しているのかと思いきや、地域の常連ばかりで面食らうが、だからこそ共同浴場めぐりは面白い。

小川温泉共同浴場
源泉/白岩温泉(ナトリウム−硫酸塩泉)
住所/静岡県伊豆市上白岩1268-2 [地図
電話/0558-83-2357
交通/国道138号線修善寺より県道12号線
     「資料館前」交差点より大見川方面へ約600m
料金/200円
時間/14:30〜20:30、毎週木曜日定休

⇒白岩温泉白岩の湯