湯処長楽(箱根町小涌谷)以前、二ノ平地区にある共同浴場「亀の湯」を紹介したが、この近辺には小規模の旅館も何軒か点在する。そのうちの1軒が亀の湯の斜向かいにある「湯処長楽」。ドーム型の屋根を持った3階建の建物で、館内でまず感じたのはアットホームな雰囲気。何度目かの呼び鈴で出てきたのは、85歳になるというおばあちゃん。「元気ですね」と声をかけたら、3年前に圧迫骨折をわずらったが、医者の治療でだいぶ良くなったとのこと。最後に「温泉もいいみたい」という言葉があってほっとした。

浴室は1階奥(長の湯)と地下1階(楽の湯)にある。男湯と女湯という区別はせず、浴室自体は大きくないため、貸切的な感じの利用になるようだ。訪れたときはどちらも女性が利用中で、30分ほどロビーで待たされた。ダイニングテーブルが幾つか並び、食堂を兼ねている。待ち時間の間の話し相手がおばあちゃんだった、というわけである。なお、客室にはミニキッチンを備えているため、自炊の長期滞在も可能だ。

案内されたのは1階の浴室だった。3帖ほどで横長の湯船が1つ、それにカランが3つあるだけのシンプルさ。本当は樽型の露天風呂も備えた地下1階の浴室が良かったが、こればかりは運だから仕方ない。内装も湯船もタイル張りの素朴な浴室で、室内は湯気で真っ白。窓を開けてもよしずが掛かっているために外の景色はうかがえない。それでも循環ながらかけ流しで、蛇口からホース伝いに熱いお湯が絶えず注がれている。斜向かいの亀の湯と雰囲気は変わらないじゃないかという気もするが、ひたすら温泉を堪能するのみである。

正月は箱根駅伝の青学大チームが合宿していて賑やかだったそうだし、外国の旅行ガイドにも紹介されているから、各国の観光客も多数訪れるという。リーズナブルな宿泊料金も魅力のひとつ。ここを拠点にして箱根を満喫するのも良いだろう。

湯処長楽(箱根・二ノ平小涌台地区飲食店組合)

湯処長楽
源泉/二ノ平温泉(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡箱根町小涌谷525 [地図
電話/0460-82-2192
交通/箱根登山鉄道彫刻の森駅より徒歩7分、小涌谷駅より徒歩8分
料金/大人550円、小人300円
時間/9:00〜20:00