松島館(横浜市西区戸部町)松島館(横浜市西区戸部町)

横浜市西区戸部町にある松島館は、市営地下鉄・京急・根岸線の3線3駅のほぼ真ん中に位置する。桜木町駅からは高架線に沿って北に行き、雲見橋交差点より岩亀横丁という商店街へ。突き当たりの角より左を向けば、松島館の電光看板を見つけることができる。高架線の東側に広がるみなとみらいの夜景とは対照的に、この一帯には庶民的な風景が広がっている。

松島館(横浜市西区戸部町)松島館(横浜市西区戸部町)

狭い路地側に入口を設け、玄関先には屋号を染め抜きした暖簾を掛けている。さらに玄関まわりにタイルをあしらい、建物もクラシカルなスタイルのようだが、なにぶん路地裏で、しかも薄暗かったのでよくわからない。番台におばちゃんは座っておらず、女湯側で常連客と談笑中。帰り際はおじさんが番台に、やはり座っておらず、そのわきの椅子に腰掛けて常連客と談笑していた。番台には座らない、というのが松島館の流儀なのだろう。

脱衣所にロッカーもあるのだが、籠を使う人もいる。旧式のマッサージチェアやソファ、テーブル、洗濯機など、一般的な銭湯と変わらないが、目を惹いたのは壁に掲げられた「お子様の着せ替えは手不足につき遠慮させていただきます」という札。そんな時代もあったんだろうな。

浴室のカランは間仕切壁側から7(この列のみ固定式シャワーあり)、島式で5-5、外壁側に4つ並んでいる。さらに外壁側は畳1枚分突き出ており、そこには立ちシャワーが設けられている。湯船は2つあって、深さが異なる。深いほうは勢いの弱いバイブラ湯で、浅い方はジャグジー(休止中だった)。お湯は熱めで、温度計を見ると46℃を指していた。そこまで熱くはないのだが…。湯船の上には海辺の風景がペンキ絵で描かれている。屋号と同じく松島が舞台なのだろうか。丸山師の作品であるようだ。

大都会横浜のすぐ近くに下町的情緒の残る町並みと銭湯が残っていることは、横浜の意外性であり、世間に知られざる一面ではないだろうか。戸部周辺には松島館のほかにも銭湯が点在しているので、いつかの機会に訪れてみたい。

松島館(神奈川県浴場組合)
松島館(横浜市浴場組合)

松島館
住所/横浜市西区戸部町4-166 [地図
電話/045-231-7435
交通/横浜市営地下鉄高島町駅より徒歩7分、京急戸部駅より徒歩9分
     JR根岸線・市営地下鉄桜木町駅徒歩13分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜22:00、毎月7日・17日・27日定休